見張りイボの治療

見張りイボの治療って、どんな方法があるのでしょうか?このページでは、子供(赤ちゃん)の見張りイボの治療法についてまとめました。

うちの7歳の娘が、うんちをした後にお尻を拭くと血がついていて、お尻が痛いというので見てみると、イボ痔のようなものが・・・

皮膚科に連れ行くと、「見張りイボ」と言われました。

とにかく清潔にして、軟膏を塗ってくださいと言われたのですが、他に何かできることはないかと思い調べてみました。

見張りイボとは?原因は何?

見張りイボは肛門の外側にできる皮膚の突起物です。

イボ痔ではなく、原因は慢性化した切れ痔です。

切れ痔の後に便の細菌が入り炎症を起こして見張りイボになります。

見張りイボの治療方法

見張りイボ自体の治療は、塗り薬(軟膏)を使います。手術で切除することもできますが、切除しても根本的な解決にはなりません。

なぜなら、見張りイボの原因は「切れ痔」だからです。

切れ痔は基本的には塗り薬を使えば、1週間程度で治りますが、便秘が改善されないと慢性化することが多いです。

だから手術で見張りイボを切除しても、切れ痔を根本的に直さなければ、見張りイボは再発します。

見張りイボは女児に多い

男の子にも見張りイボができることはありますが、ほとんどは女の子です。

女の子は男の子に比べて便秘になる子が多いからでしょうか。生後7ヶ月頃から4歳までに多く見られるようです。

うんちのときに痛がって赤ちゃんが泣く場合は、おしりを見てください。

  • 肛門の上側にイボのようなものができていませんか?
  • 便に血はついていないでしょうか?
  • 肛門を左右に開いて見ると、肛門が切れていませんか?

これが切れ痔です。

見張りイボ自体が痛いのではなく、切れ痔が痛いのです。

切れ痔になる原因は便秘です。

便秘で便が硬いため、肛門が切れ、その刺激で切れ痔のまわりの皮膚がはれて突起物のようになります。これが見張りイボです。

見張りイボを治すには便秘を解消すること

見張りイボの原因は切れ痔ですが、痔の軟膏だけでは見張りイボは治りません。

痔を治しても、便秘が解消されなければ、何度でも再発してしまいます。

便秘を解消して、軟便になって刺激がなくなれば、見張りいぼはなくなります。

切れ痔を軟膏で治療しながら、便秘を解消することで、見張りイボは治ります。

手術して切除することはありません。

お尻を清潔にして、軟膏を塗っていると切れ痔は早めに治りますが、いぼが小さくなるにはしばらくかかります。

見張りイボの治療期間

切れ痔の傷が治るまで約1~2ヶ月かかります。治ったと思っても、便秘で固い便が続くと再発します。辛抱強い治療が必要です。

見張りいぼは、なかなか治りませんが、切れ痔は比較的早く治ります。

赤ちゃんの便秘解消のために

赤ちゃんや小さい子供の便秘は遺伝的な要素も大きいかもしれませんが、腸内環境を整えることで、解消してあげたいですね。

赤ちゃんや小さい子供の腸内環境を整えてくれるとお母さんの間で人気なのが、はぐくみオリゴというオリゴ糖です。

オリゴ糖をミルクや離乳食に混ぜて与えるのがおすすめです。

オリゴ糖は虫歯になりにくいですし、うんちをやわらかくするだけでなく、腸内環境を良好にして便秘になりにくい体質へと変えてくれます。

はぐくみオリゴの詳細はこちら