めなりは眼精疲労対策サプリとして大人気のブルーベリーサプリですが、口コミではすごい人気です。

めなりは本当に効果があるのでしょうか?成分や口コミからめなりの効果や副作用があるのか?ということについて調査しました。

めなり購入前の参考にしていただけたら嬉しいです。

めなりの公式サイトはこちら

めなりの口コミ

実際にめなりを利用した人はどのような効果を感じているのでしょうか?めなり利用者の口コミを集めてみました。

めなりの口コミ1

飛蚊症がなんとかならないかと、めなりを購入して2週間ほど飲んでいます。効果はまだはっきりとは出ていません。ただ、ちょっと影が薄くなったような気もします。

めなりの口コミ2

眼圧が高い状態が続いて不安だったので眼科に行くと、緑内障と診断されました。そのために眼圧を下げる目薬が必須なのですが、つい忘れてしまうこともあります。眼圧が、上がってしまい眼科で注意されたのをきっかけに「めなり」をのみ始めました。その結果今は、眼圧が安定しています。

めなりの口コミ3

ドライアイと軽度の白内障を発症した母のために「めなり」を定期購入しました。母はドライアイで涙が止まらなかったのですが、「めなり」を飲み初めて調子がよくなったようです。ただ最近はまた少し出るようですが、それでも以前ほどではないと言っています。軽度の白内障でしたが、進行がゆるやかになったようでよかったです。

めなりの口コミ4

急に視力が落ち始めた息子のために「めなり」を購入しました。中学2年生の男の子なのですが、あっというまに視力が落ちて、3ヶ月で眼鏡を2回作り替えました。しかし「めなり」を飲ませるようになって半年になりますが、この間はめがねを作り替えていません。視力が良くなったというわけではないのですが、もう少し続けさせてみます。

めなりの口コミ5

営業の仕事なので、よく車を運転していますが、いつも目の疲れがひどくて困っています。昼間は問題ないんですが、夕方から夜にかけての運転はつらいです。事故にあっても困るなと思っていた時に見つけたのが「めなり」でした。すぐに購入しました。飲み始めた頃はあまり効果がないなあ・・・と思っていたのですが、3ヶ月くらい経ったころでしょうか。飲み続けるうちに眼精疲労が和らいできたように感じます。

めなりの口コミ6

「めなり」を飲み始めて、視力が良くなったとは思いませんが、目が疲れにくくなったというのはあります。今までは昼過ぎにはPC仕事で目が痛くなっていたのですが、「めなり」を飲むようになってから、夕方くらいまでイイ感じです。

めなりの口コミ7

ブルーベリーが目の疲れに効くっていうのは知っていましたが、最近就職し毎日パソコンに向かうので疲れ目がひどくて、目薬をさしていますがあまり効果がなく、根本的に何とかしたいと思って「めなり」を試してみました。最初は「なんとなく見えるようになったかな」と思っていましたが、毎日続けて飲んでいるうちにあまり効果を意識する事もなくなりました。しかしドライアイがよくなっていることに気付きました。かなり嬉しい驚きです!それからも1年ほどめなりを飲み続けていますがドライアイに困ることはほとんどなくなりました。

めなりの口コミ8

サプリメントなんて効くわけないと思ってバカにしていたのですが、息子があまりにも「めなり」をすすめてくるので、ちょっと試してみようと購入しました。歳のせいか、毎日新聞を読むのがつらくなっていたのですが、「めなり」を飲み始めて1週間もすると、文字のぼやけが少なくなっているような気がしました。あと、今までは目の疲れからくる頭痛がひどかったのですが、それがほとんどなくなったのには驚きました。めなりは効果あるかもしれません。

めなりの口コミ9

仕事柄、目を酷使する時間が長居ので眼精疲労に悩まされていました。めまいや頭痛まで感じるような状態でした。眼精疲労に効くサプリを探してみたところ、めなりが評判がよさそうでした。DHCのブルーベリーサプリとかに比べて、ちょっと高いなと思いましたが、配合成分や配合量をいろいろなサプリと比較した結果、「めなり」がよさそうだったので、思い切って定期購入にしました。3ヶ月程飲み続けてみましたが、頭痛が軽減され、めまいはほとんど解消されました。目の疲れも感じにくくなったと思います。買ってよかったです。

めなりの口コミ10

パソコンもテレビも本もしっかり見たいと凝視してしまうので、見終わった後はとにかく目が疲れて凝り固まっています。マッサージをしたり、目を温めたりしていますが、効果はそのときだけ。根本的に解決したいなと思って、目に必要な栄養を補給しようと考えました。目にいい成分をバランスよく摂れるのが「めなり」だと思って購入しました。最近は目がショボショボする事も少なくなり、目の調子がなかなか良いです。飲みやすいのも気に入っています。

多くの人がめなりに効果を感じているようですが、中には「めなり」は効果ないという口コミもあります。

疲れ目、眼精疲労はまったく改善されなかったという口コミがあるのも確かです。

めなりの口コミ11

値段が高いわりに効果はない。もう少し安ければ続けてもいい。

めなりの口コミ12

正直なところ即効性はほとんどありません。飲み続けていると少し疲れ目が楽になったかな?と感じることもありますが、「めなり」を飲んだことが原因なのかどうかは微妙です
もう少しわかりやすく実感できれば続けるのですが。

めなりの口コミ13

2ヵ月飲んだが、期待していたほど効果はありません。視力も変わりません。劇的な効果を期待すると裏切られることになると思います。サプリとしてはいいものなんでしょうが、私は効果を感じませんでした。

このような口コミもあります。

しかし、サプリメントは薬ではないので、即効性を期待するほうが無理というもの。

「めなり」に限らず、サプリメントは3ヶ月、半年と継続してこそ効果を実感することができるのです。

1ヵ月や2ヵ月で効果を感じないからとやめてしまうのは逆にもったいないです。

さらに、「めなり」は飲むタイミングによっても、効果を感じられない可能性があります。

「めなり」に含まれるアントシアニンは吸収されてから、効果を発揮するまでの時間が短く、飲んでから3時間ほどで体内のアントシアニン量は最大になり、効果が持続するのは24時間程度です。

ということは、就寝前に「めなり」を飲んでも、起きた頃には、アントシアニンの効果のピークは過ぎているということ。

「めなり」の効果を実感するには、目を使う仕事をする3時間程度前に飲むのが賢い使い方です。

めなりの公式サイトはこちら

「めなり」をおすすめする理由について

このページでは数多く販売されているブルーベリーサプリの中でも、さくらフォレスト株式会社の「めなり」をおすすめしています。

たくさんあるブルーベリーサプリの中で「めなり」をおすすめする理由をまとめました。

  1. アントシアニン含有量がダントツ
  2. アントシアニン吸収率が203%と高い
  3. アントシアニン以外の有効成分も目にいい
  4. ブルーライトを吸収するルテインを12㎎配合
  5. 93.9%がリピートするダントツ人気と実績
  6. 原材料表記だけでなく有効成分の配合量まですべて表示されている
  7. GMP認定工場で製造
  8. 15日間返金保証付き安心

アントシアニン含有量がダントツ

ブルーベリーサプリを比較するときに、ブルーベリーエキスやビルベリーエキスの配合量で比較していませんか?

実は、ブルーベリーエキスやビルベリーエキスがたくさん含まれているからといって、摂取できるアントシアニンの量が多いとは限りません。

大切なのはアントシアニンがどれだけ摂取できるのかということ。

例えば、ビルベリーエキス配合量が200㎎でも、アントシアニンの割合が10%なら、アントシアニン量は20㎎ですね。

「めなり」はビルベリーエキスを170㎎配合していて、そのうち37%がアントシアニン。つまり62.9㎎のアントシアニンを摂取できます。

ビルベリーエキスやブルーベリーエキスの使用量は記載していても、アントシアニン量を公表していないサプリが多い中で、「めなり」はすべての配合量を公表しています。

ちなみに独自調査による、人気ブルーベリーサプリのアントシアニン量をまとめておきます。

めなり 62.9㎎
北の国から届いたブルーベリー 60㎎
えがおブルーベリー 59.2㎎
ブルーベリー&ルテイン 40㎎
ビルベリープレミアム 37㎎
ルックルックベリー 37㎎
大正ブルーベリー 29.6㎎
えんきん 2.3㎎

 

アントシアニン吸収率が203%と高い

アントシアニンだけではありませんが、どんな栄養素でも、量を多く摂取しても吸収されなければ意味はありません。

アントシアニンの効果を実感するには、配合量だけでなく、アントシアニンの吸収率も重要ということになります。

多くの眼精疲労改善サプリはビルベリーエキスを原料にしていますので、各サプリのビルベリー吸収量を調査しました。

めなり 203%
えがおブルーベリー 200%
ブルーベリー&ルテイン 200%
えんきん 100%
ビルベリープレミアム 100%
大正ブルーベリー 100%
北の国から届いたブルーベリー 100%
ルックルックベリー 100%

めなりはアントシアニンの吸収率もダントツですね。

めなりは吸収率203%というアメリカで特許を取得しているビルベリーを採用しています。

本当にブルーベリーサプリの効果を実感するためには、配合量はもちろん、吸収率が高い「めなり」がいいのでは?

アントシアニン以外の有効成分も目にいい

「めなり」は目の健康に影響を与える「ゼアキサンチン」と「ルテイン」が1:5で配合されています。

これはそれぞれの効果効能をもっとも引き出す黄金の比率と言われています。さらにルテインの吸収率が高いのも「めなり」の特徴です。

「めなり」の有効成分をチェック

アントシアニン以外で、めなりに配合されている目の健康にいいと言われる有効成分を調べました。

ルテイン

日本人にも多い白内障や加齢黄斑変性など、活性酸素が関係する眼病を予防する為に、意識して摂取したいのがルテインです。

ルテインはブルーライトや紫外線など有害な光線を浴びることによって発生する活性酸素の害から目を守ってくれます。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンもルティンと同じく野菜に多く含まれている天然色素のカロテノイドの一種です。

ゼアキサンチンは、網膜内の黄斑部に存在していて、黄斑部を保護しています。

ゼアキサンチンは、白内障や黄斑変性症の発症を抑える働きもあるというのが定説になっています。

※ルテインとゼアキサンチンの違いとは?

ルテインとゼアキサンチンは、分子式が同じなので、同じような役割を持っています。

ただ化学構造が違うために異なった特性を持っています。

ゼアキサンチンは、体内の代謝によって、ルテインの構造が作り替えられた物質です。

ルテインを摂取すると、体の中でルテインとメゾゼアキサンチンという物質に分かれます。

ルテインを摂取するとゼアキサンチンも体内に産生されるので、ルテインを摂取していればゼアキサンチンは必要ないと思うかもしれませんが、そうではありません。

しかし実際にはルテインとゼアキサンチンをバランスよく摂取する事でお互いの効果がより高まります。

ルテインとゼアキサンチンを5:1の割合で摂取すると(ルテイン10㎎:ゼアキサンチン2㎎)、黄斑変性症の発症リスクが57%減少し、進行リスクも26%減少するという報告もあります。

ルテインもゼアキサンチンも、目の健康のためには、一緒にに摂取したい成分です。

ルテインかゼアキサンチンはサプリメントで摂取するのが手間もかからず、お財布にも優しいです。

ルテイン、ゼアキサンチンともに配合された「めなり」のようなサプリを選ぶようにしましょう。

クロセチン

クロセチンは疲れ目を緩和したり、疲れ目からくる肩こりや血流の改善に有効な成分です。

目は毛様体筋という筋肉が伸び縮みすることで、水晶体によってピントを調節し、近くと遠くにピントを合わせることができます。

近くを見るときは、毛様体筋を緊張させ、水晶体を厚くしますが、この状態が長く続くと、毛様体筋が固くなります。

さらに目の周りの血流が悪くなると、細胞や神経に酸素や栄養がうまく運ばれず、さらに目の疲れがひどくなります。

この状態が長時間続くと眼精疲労が起こります。

クロセチンは、分子量が小さいため、毛様体筋に直接働きかけることで、コリをほぐし眼精疲労を和らげてくれるのです。

βカロテン

βカロテンは体内で必要なだけビタミンAに変換されて働きます。

ビタミンAが不足すると、夜盲症、角膜乾燥症、角膜軟化症などを引き起こすリスクが高まります。

体内で変換されたビタミンAは細胞膜の材料となるため目には欠かせない栄養素です。

亜鉛

アメリカの疫学調査によると、抗酸化ビタミンと、亜鉛を一緒にとることで、加齢黄斑変性症の進行を抑制したという報告が存在します。

ビタミンAは目が光を感じるために必要な「ロドプシン」という物質の再合成に必要な成分ですが、亜鉛は、ビタミンAを運ぶのです。

そのため亜鉛を摂取することで、ビタミンAの運搬がスムーズになり、網膜でロドプシンの働きが促進されることになります。

さらに、ルテインと亜鉛を一緒に摂取することで、眼病予防効果が高くなるという研究報告があります。

ブルーライトを吸収するルテインを12㎎配合

めなりは1日量にルテインを12㎎配合しています。

ルテインは、目の中の黄斑部や水晶体に存在しており、特に目の健康に有効と言われていて、ブルーライトや紫外線などの有害な光を吸収する働きがあります。

ルテインは1日あたり10㎎の摂取が推奨されています。「めなり」だけで1日12㎎のルテインを摂取できるので十分ですね。

93.9%がリピートするダントツ人気と実績

一度「めなり」を飲んだ人のリピート率が93.9%と圧倒的に高いのは、効果を感じている人が多い証拠です。

原材料表記だけでなく有効成分の配合量まですべて表示されている

「めなり」は原材料の表記はもちろんのこと、栄養成分(配合量)まですべてパッケージに記載しています。

どんなサプリメントでも原材料は記載されていますが、その配合量(栄養成分)まですべて書かれているサプリメントはそんなに多くありません。

それは、主要成分と言っておきながら、配合量が少ないことがあるからではないでしょうか。

だから、原材料だけでなく、配合量まですべて明記している「めなり」は信頼できるなと感じるのです。

GMP認定工場で製造

サプリメントは、毎日飲むものだから、安心・安全というのが大前提です。

サプリメントがどのようにして作られているのか、衛生管理はされているのか、そのような製造プロセスは外から見ることはできません。

ではどのようにして、サプリメントの安全性を見極めればよいのでしょうか?

その基準のひとつがGMP認定工場で製造されているかどうかを確認することです。

GMPとはGood Manufacturing Practice(適正 製造規範)の略で、原材料の受け入れから製造、出荷まで全てのプロセスにおいて、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれていることを第三者機関によって証明されています。

医薬品はGMPが義務付けられています。サプリメントはそこまでの義務はないのですが、GMP認定工場で製造しているということは、医薬品レベルの品質管理がなされているということです。

15日間返金保証付き安心

「めなり」は購入して15日以内であれば、飲み切っていても返金してくれます。

15日間という期間は効果を判断するには短いかもしれませんが、めなりの愛用者の多くが数日で「何かしらの効果」を感じているようです。

サプリメントは薬ではありませんので、即効性は期待できません。。

効果を実感できるまでには3~4ヶ月か、もしくはそれ以上かかるでしょう。

しかし「良さそうかどうか」「自分に合うかどうか」ということは数日飲めば判断できるのではないでしょうか?

ブルーベリーサプリの中でも「めなり」をおすすめする理由をもう一度まとめると

  1. アントシアニン含有量がダントツ
  2. アントシアニン吸収率が203%と高い
  3. アントシアニン以外の有効成分も目にいい
  4. ブルーライトを吸収するルテインを12㎎配合
  5. 93.9%がリピートするダントツ人気と実績
  6. 原材料表記だけでなく有効成分の配合量まですべて表示されている
  7. GMP認定工場で製造
  8. 15日間返金保証付き安心

眼精疲労対策には「めなり」で決まりです。

めなりの公式サイトはこちら

めなりの成分

めなりの原材料を確認してみます。

ビルベリーエキス、食用油脂、酵母(亜鉛含有)、酵母(銅含有)、カシスエキス、ゼラチン、植物レシチン、グリセリン、マリーゴールド色素、ビタミンE、ヘマトカッコス藻色素、ミツロウ、βカロテン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、クチナシ色素、ビタミンB12

ビルベリーエキス

ビルベリーは眼精疲労や視力回復、強力な抗酸化、毛細血管の保護などの効果がある成分です。

ビルベリーとはブルーベリーの中の一品種で、ジャムや食用として使われるブルーベリーとは異なります。

ブルーベリーは、ツツジ科の北米原産の低木性果樹です。

ヨーロッパでは果実を生で食べたり、ジャムやゼリー作りに使われています。

ブルーベリーは目の健康に良いといわれていますが、臨床試験などで使われている品種はブルーベリーではなくビルベリーです。

有効成分のアントシアニンの含有量がビルベリーとブルーベリーでは2倍以上も違いがあるため、アントシアニンの摂取が目的なら、ブルーベリーやその加工食品よりもビルベリーを使ったものが良いのではないでしょうか。

ビルベリーの成熟した果実はアントシアニンの色で濃い青紫色になります。

このビルベリーに含まれるアントシアニンが目を健康にしてくれるのです。

現代の眼精疲労にはとくに有効といえます。

網膜の機能性低下や白内障を予防し、糖尿病が原因の眼の病気予防などにも効果が期待できる成分です。

またアントシアニンには茶タンニンやビタミンEと同等レベルの強力な抗酸化作用があり、細胞の老化を防いでくれます。

その他にも、ビルベリーのアントシアニンには

  • コラーゲンを強化する
  • 傷の回復を早める
  • 筋肉をリラックスさせる
  • 血液をサラサラにする

このような働きもあります。

ビルベリーは医薬品レベル

ビルベリーは、1976年イタリアで初めて医薬品として製造が承認されました。

その後もヨーロッパをはじめニュージーランドなど、多くの国で医薬品として利用されるほど効果効能を認められているのです。

ビルベリーサプリメントの効果的な摂取方法

ブルーベリーの臨床実験は多くの場合、特定品種のビルベリーが使われます。

ブルーベリーの中でもビルベリーを原材料に使用したサプリがいいでしょう。

中でも北欧産のビルベリーが最もアントシアニンの量が豊富です。

ビルベリーを果実から摂るのであれば生なら日に40g以上(20~30粒)、乾燥ビルベリーでは10g(約30粒)が目安です。

ビルベリーをサプリメントで摂る場合は、一日の摂取量でアントシアニンを25%以上含むビルベリーエキスを120㎎~250mg(アントシアニンの量で30mg-62.5mg)摂れるサプリを選びましょう。

ちなみに「めなり」はビルベリーエキス170㎎(アントシアニン量62.9㎎)を摂取できます。

また、同時にルテインやイチョウ葉エキス、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、DHAが配合されていると申し分ないですね。

「めなり」にはイチョウ葉エキスは含まれていませんが、その他の成分は配合されています。

ルテインは目の黄斑部に多く存在する抗酸化栄養素で、紫外線やブルーライトによって目の中に発生する活性酸素から目を守ります。

ビルベリーの有効成分

ビルベリーの有効成分は、色素成分のアントシアニンです。

人間の目は水晶体から入った光が網膜で映像化され視神経を介して脳に伝わります。

網膜で光を感じるために必要な物質が「ロドプシン」です。

ロドプシンは体内で合成されるのですが、目を使っている内にどんどんと分解されていきます。

さらに加齢や栄養不足によって合成能力が低下していきます。

ビルベリーの中に含まれるアントシアニンは「ロドプシン」の再合成をサポートします。

つまりアントシアニンを摂取することで、ロドプシンの再合成が活発になり、眼の疲労がとれ、視野が広がり、夜間でも見えやすくなるという効果が期待できるのです。

アントシアニンは即効性があり、摂取した3時間後にはピークに達し、24時間後には消失します。

めなりの副作用

「めなり」には副作用や健康被害はあるのでしょうか?

結論から言うと、めなりは薬ではありませんので、副作用や健康被害の心配はありません。

これまでも「めなり」服用による副作用や健康被害は報告されていないことを、メーカーに確認しています。

1日の用法・用量を守って飲む限り、健康被害のリスクは極めて低いでしょう。

アントシアニンの過剰摂取について

ヨーロッパでは国によって医薬品とされているアントシアニンですが、もともとブルーベリーをはじめとした自然の食べ物に含まれているので副作用の心配はありません。

過剰摂取しても、体内に蓄積されず、24時間程度で排出されるので、過剰症の心配もほぼありません。

長年利用されているヨーロッパでも重篤な副作用は報告されていないようです。

ルテインの過剰症について

日本の厚生労働省基礎研究班の発表では、ルテインを1日35mgを1週間摂取して問題がなかったことが報告されています。

また、国連食糧農業機関(FAQ)と世界保健機構(WHO)の下部組織であるJECFAによると、1日2mg/kg(体重50kgの場合、1日100mg)までの摂取量であれば問題ないという情報が公開されています。

ルテイン配合サプリについて、「めなり」はマリーゴールド由来の天然のルテインを使用しているので問題はありませんが、石油を原料とした合成ルテインについては、摂取すると目のかゆみや腫れ、咳、喘息、胸焼けなどの副作用が起こる可能性があると一部で報告されています。

特に、飲酒や喫煙を行なう人は、これらの副作用が起こる可能性が高くなる傾向がああります。

めなりは飛蚊症にも効く?

めなりには、目の健康に良い成分がたくさん配合されていますが、飛蚊症にも効果はあるのでしょうか?

飛蚊症とは、目の前に黒い虫のようなものが浮遊しているように見える病気です。

原因は目の中の硝子体の中の汚れです。

硝子体には透明なゼリー状の物質がつまっていますが、これが何らかの原因で濁ると飛蚊症の症状が発生します。

その原因のほとんどは、紫外線を浴びることによって発生する活性酸素のダメージです。

本来は活性酸素が発生しても体内の抗酸化物質が除去してくれますが、加齢によって抗酸化物質が減少すると酸化を抑制しきれず、細胞を老化させてしまうのです。

めなりに含まれるアントシアニンやルテインには強い抗酸化力があり、目の細胞を活性酸素の害から守ってくれます。

めなりの継続摂取によって、飛蚊症の改善も期待できますね。

めなりの効果的な飲み方

めなりの効果を最大にするためには、吸収の良い食前に飲むのがおすすめです。

そして目を使う3~4時間前に摂取するのが理想です。

アントシアニンは即効性があり、摂取して4時間後に作用しはじめるからです。

例えば1日2回に分けて、朝食前と昼食前に飲むようにすると、めなりの効果を実感できるのではないでしょうか。

したがって、仕事で目をよく使う人は仕事の前にめなりを飲んでおくとよいでしょう。

さらに24時間後には消失してしまい、体内に蓄積できないので、継続的に摂取したいです。

目が疲れていると感じるときは、めなりの量と飲む回数を増やすなど、その時の状態や状況々によって変えてもいいと思います。

めなりを最安値で購入できるのはどこ?アマゾン?楽天?

「めなり」を最安値で、しかも安全に購入できるのは公式サイトです。

安いからといって、アヤシイサイトで購入すると、アマゾンマーケットプレイスのような詐欺にあう可能性もあります。

「めなり」の購入は公式サイトをおすすめします。

めなりの価格

  • 公式サイト 初回907円 2回目以降2,980円
  • アマゾン 3,540円
  • 楽天 4,525円

公式サイトでは、定期購入になりますが、定期購入にありがちな購入回数の約束はありません。

1回目で解約することもできます。

しかも、公式サイトで購入すると15日間の返金保証がついています。

この返金保証はアマゾン、楽天で購入した場合はありませんので、やはり公式サイトで買うのがいいのではないでしょうか。

めなりを安全に購入するには公式サイトから

めなりの解約方法

最近は、多くのサプリメントが定期購入での販売になっています。

「最低〇回の購入が条件」という制約がある場合がほとんどです。しかし、めなりには購入回数の制限がありません。

初回購入で解約することも可能です。

しかも、ほとんどのサプリは定期コースを解約するときには、「電話」での連絡が必要ですが、めなりは「メール」でも「電話」でも解約することができます。

メールでの解約は販売元であるさくらの森のお問い合わせフォームから解約の連絡をすればOKです。

さくらの森お問い合わせフォーム

電話で解約する場合はフリーダイヤルにかけて連絡します。

0120-842-555
受付時間
月曜~金曜:9:00~19:00
土曜日:9:00~18:00
日曜・祝日は定休日

 

電話で解約をすると、理由をあれこれ聞かれるんじゃないかとか、強引に引き留められるのではないかとか、精神的なストレスもありますが、そんなにしつこく聞かれないので気にする必要はありません。

「もしよかったら理由をお聞かせください」

この程度なので、「効果を感じない」とか「経済的に負担」とか言っておけばOKです。

ブルーベリーサプリおすすめランキング

最後におすすめのブルーベリーサプリをランキング形式でご紹介します。

1位 めなり

このサイトで最もおすすめするブルーベリーサプリがめなりです。

  1. アントシアニン含有量がダントツ
  2. アントシアニン吸収率が203%と高い
  3. アントシアニン以外の有効成分も目にいい
  4. ブルーライトを吸収するルテインを12㎎配合
  5. 93.9%がリピートするダントツ人気と実績
  6. 原材料表記だけでなく有効成分の配合量まですべて表示されている
  7. GMP認定工場で製造
  8. 15日間返金保証付き安心

めなりを最安値で、安全に購入するには公式サイトがおすすめです。

「めなり」は通常価格が3,980円ですが、定期コースで購入することによって、初回特別価格が907円となります。初月は1日あたり30円でお試しできます。

15日間の返金保証もついているので、不安なく購入することができます。

2回目以降も2,980円で継続購入できます。

定期購入によくある購入回数条件もないので、定期コースがおすすめです。

めなりの公式サイトはこちら

2位 北の国から届いたブルーベリー

アントシアニンをブルーベリーの3倍以上含んでいるビルベリーを原料にした「北の国から届いたブルーベリー」は1日分でビルベリーエキスを200㎎摂取できます。

ビルベリーエキスを1粒に200㎎配合している他、βカロテン、EPA、DHA、コエンザイムQ10、メグスリノキエキス、ルテイン、カシスエキスを配合しています。

北の国から届いたブルーベリーは通常価格は2,160円。1袋30粒入りで約1か月分です。

「らくらく定期便」という定期コースで購入することによって、5%OFFの2,052円+送料となります。

さらに3ヶ月ごと3袋まとめて送ってもらうコースにすると、1袋当たり1,950円と最もお得になります。

注文合計が3,672円以上で送料無料となります。

3位 ビルベリープレミアムα

ビルベリープレミアムαは、ビルベリー、マキベリー、エルダーベリー、カシス、というアントシアニンが豊富な5つのベリー類を配合しています。

その他ルテイン、ビタミン類も摂取できるサプリです。

1日分でアントシアニンを含むビルベリーエキスを120㎎摂取することができます。

さらに、ルテインは8㎎を摂取でき、ビタミン類も含まれています。ルテインの働きを補助する亜鉛も配合されているのも特徴です。

定価は1,687円ですが、定期購入にすると1か月分を1,518円で購入することができます。

4位 えがおブルーベリー

えがおブルーベリーは北欧産ビルベリーを使用したブルーベリーサプリです。

北欧産ビルベリーは体内への吸収率が高いという特性があります。

そのほか、ヒスチジン、リジンという2種類のアミノ酸とビタミンCを配合して、ブルーベリーの有効成分であるアントシアニンを安定化させています。

えがおのブルーベリーは通常価格1,728円ですが、定期購入にすることで、初回は980円で購入できます。

2回目以降も、コースによって割引価格で買うことができます。

1ヵ月に1回1袋コースは1,555円
2ヵ月に1回2袋コースは1,486円(1袋あたり)
3ヶ月に1回3袋コースは1,344円(1袋あたり)

3ヶ月分をまとめて送ってもらうと最もお得になります。

5位 ブルーベリー&ルテイン

リフレの「ブルーベリー&ルテイン」は、ルテインも配合した疲れ目に有効です。酷使した目の疲れをとり、目の黄斑部の健康をサポートします。

「ブルーベリー&ルテイン」は、目の疲れを改善するビルベリー由来アントシアニンを1日分で40mg摂取することができます。

通常価格1,580円ですが、定期コースで申し込むと、初回は1,000円で購入することができます。

2回目以降も1,535円という続けやすい価格で継続することができます。

6位 えんきん

えんきんはファンケルが販売する日本初の目の機能性表示食品。

手元のピント調節力の改善に有効なアントシアニンを摂取できるサプリです。

えんきんは、アスタキサンチンの配合量が多いので抗酸化力が高く、細胞の酸化から目を守ってくれます。

DHAが配合されているのも「えんきん」の特徴です。

えんきんは、通常価格は2,160円ですが、2週間分を1,000円でお試しできるコースがあります。

定期購入にすると1ヵ月分を1,944円で継続購入することができます。

7位 大正ブルーベリー

大正ブルーベリーは製薬会社である大正製薬が販売するブルーベリーサプリです。

フィンランド産のビルベリーを原材料に使っています。

フィンランド産のビルベリーは、太陽の日差しを受ける時間が長い白夜の環境で育つので、紫外線を浴びる量が多い環境で育ちます。

そのため、紫外線から自身を守るため、アントシアニンの生成量が多いのです。

大正ブルーベリーは、1日分にビルベリーエキスを80㎎含んでいます。

大正ブルーベリーは定価3,200円ですが、初回30日分お試し価格は1,000円で買うことができます。

定期購入にすると、2回目以降も毎回10%OFFの2,880円で継続購入できます。

8位 ルックルックベリー

ルックルックベリーは1日分2粒にブルーベリー376個分のアントシアニンを含んでいます。

海外セレブの間で人気の「アサイー」を配合しているのも特徴です。

ルックルックベリーの通常価格は2,028円+送料です。

定期コースで申し込むことで、送料は無料になり、初回は1,000円で2ヵ月分を購入することができます。

2回目以降も2ヵ月に2袋届けてもらうコースだと、3,283円(2袋)になります。

85%の人は定期コースにするようです。