目の健康に良いとされるアントシアニンですが、ここではアントシアニンの効能、1日に必要な摂取量についてまとめました。

アントシアニンの効能

ブルーベリーは目の健康にいい食材として人気ですが、その効果をもたらしているが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンです。

アントシアニンには、視覚機能を回復させる働きがあります。

アントシアニンは、目の血行を改善し、眼精疲労の回復や視力改善の効果があるとされています。

アントシアニンの効能-眼精疲労の改善

アントシアニンには、ロドプシンという色素の再合成をスムーズにすることで、視覚機能を高めます。

ロドプシンは、私たちの目の網膜に存在していて、光の刺激を受けると一時的に分解されますが、また元通りに再合成されます。

この動きが視覚として脳に伝わり、モノを見ることが可能になります。

ロドプシンがうまく働かないと、モノが見えにくくなるのです。

眼精疲労やかすみ目は、ロドプシンの再合成がスムーズでないことが原因のひとつと考えられます。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンを継続的に摂取すると、ロドプシンの再合成がスムーズになるので、目によい影響を与えます。

アントシアニンがロドプシンの働きを活性化させ、スムーズに再合成できるようになると、視界が良くなります。

そうなると、眼輪筋などを無理に使う必要がなくなるので、目の負担が軽くなり、眼精疲労が軽減されるのです。

アントシアニンの効能-血流促進効果

アントシアニンには、毛細血管を強くしたり、血液中のコレステロールを下げる効果も認められています。

その作用によって、目の網膜にある毛細血管を丈夫にして血流をよくすることで、網膜の隅々にまで酸素や栄養が行き渡るようになります。

目の細胞がイキイキと活性化することによって、疲れ目解消をサポートします。

アントシアニンの効能-抗酸化作用

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、体に害を及ぼす活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素とは

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が変化して、反応性が高くなった酸素は、糖質や脂質などを酸化、変質させ、体内の細胞を傷つけ、細胞を老化させます。

また、活性酸素は白内障などの目の疾患や肌のトラブル、認知症、生活習慣病などを引き起こす原因ともなります。

アントシアニンは、活性酸素による体への悪影響を抑えてくれる抗酸化作用により、目の細胞を酸化から守ります。

白内障を発症したマウスを使った実験

白内障は加齢とともに発症しやすくなる目の病気ですが、紫外線を浴びすぎることなどによっても発症のリスクが高まります。

紫外線を浴びすぎると、体内で活性酸素が発生し、目の中で発生すると、レンズの役割を果たす水晶体が白く濁ります。

白内障は、50代以降から発生するリスクが高くなり、80代になるとほとんどの人が、白内障を患っていると言われています。

実験では、アントシアニンの入っていないエサを食べ続けたマウスと、アントシアニンの入ったエサを食べ続けたマウスについて、それぞれの白内障の進行度合いと、体内での活性酸素の量を調べました。

アントシアニンの入っていないエサを食べ続けたマウスの目は、白内障が進行し、白く濁ってしまいましたが、アントシアニンの入ったエサを食べ続けたマウスの目は、進行がゆるやかで、濁りが少ない状態であったことが確認されました。

また、体内の活性酸素の量についても、ブルーベリーに含まれるアントシアニンが入ったエサを食べ続けたマウスは、アントシアニンが入っていないマウスに比べて、活性酸素の量が減少していました。

アントシアニンの摂取によって、体内の活性酸素発生量は抑えられ、さらに白内障の進行も遅らせたことが確認されたのです。

アントシアニンは、活性酸素を抑えることで私たちの健康に役立っているのです。

アントシアニンの1日推奨摂取量は?

アントシアニンの効果を実感するために必要な1日の摂取量目安は、約40~90㎎と言われています。

アントシアニンは即効性が高く、摂取して3~4時間後にピークをむかえ、24時間でほぼ効果はなくなります。

体内に蓄積できないので、毎日、継続して摂取することがポイントです。

アントシアニンを生のブルーベリーから摂取するとなると、毎日、60~300gを食べる必要があります。

毎日、この量のブルーベリーを食べ続けるのはほぼ無理でしょう。

また、乾燥ブルーベリーでは、約12~25g、ブルーベリージャムでは、約40~90gの摂取が必要です。

これも毎日となると厳しいですね。

アントシアニンはサプリメントで摂取するのが手軽

アントシアニンはサプリメントで摂取するのが手間がかからず、コスト的にも優れています。

アントシアニン含有のサプリメントを摂取するときに勘違いしやすいことがあります。

一般的に、アントシアニン含有サプリメントはビルベリーエキスやブルーベリーエキスを原材料にしています。

ビルベリーエキス○㎎配合などと記載されていますが、これはアントシアニンの含有量ではありません。

ビルベリーエキスのうちの何%かがアントシアニンの含有量になります。

ビルベリーエキス100㎎配合とあっても、アントシアニン含有量が20%であれば、アントシアニン量は20㎎ということになります。

良質なアントシアニンを効果的に摂取するためには、 ビルベリーエキスを原料とした健康食品やサプリメントで、しかもアントシアニン含有率の高いサプリを選ぶのが理想です。

ヨーロッパの各国ではアントシアニンの含有量が多いビルベリーエキスは医薬品として扱われ目の健康維持に役立てられています。

アントシアニン含有量が高く、そのほかにも目の健康をサポートする成分がバランスよく配合されていて、日本でトップクラスの人気があり、リピート率も高いブルーベリーサプリがこちらです。

⇒ めなりは本当に効果ある?口コミや成分を調査!

アントシアニンの中でも、カシスアントシアニンには特有の効能があることがわかっています。

カシスアントシアニンが緑内障の進行を抑制する

札幌医科大学眼科学講座の大黒教授グループは『カシスアントシアニンの緑内障性視神経障害に対する効果』の臨床試験を実施しました。

この臨床実験により、アントシアニンは「目の血流の増加」、「眼圧上昇の抑制」さらには「視野障害進行の軽減」に有効であることが確認されました。

カシスには緑内障の進行を抑制する効果が期待できるということです。

臨床実験内容

この臨床実験は緑内障視野障害が初期から中期(視野ステージ)の患者38名を被験者として行われました。

19名ごとの2グループに分け、一方のグループにはカシスアントシアニン50mgを含む試験食品を、もう一方のグループにはカシスアントシアニンを含まないプラセボ(偽薬)食品を2年間、標準的な緑内障の治療とともに毎日摂取してもらいました(二重盲検法)。

眼圧と血圧は1~2ヵ月ごと、視野とレーザースペックルによる視野経乳頭および乳頭周囲の網脈絡膜血流は6ヵ月ごとに測定して確認。

カシスアントシアニンの効果

試験開始時における年齢・性別・眼圧・緑内障病期は両グループで有意差は見られませんでした。

緑内障の進行状況を確認するための、視野障害の程度を表すMD値を確認すると、カシスアントシアニン群では視野低下が抑えられ、目の血流が良くなっていました。

カシスアントシアニンは眼圧もコントロールする

緑内障の原因のひとつに眼圧の上昇がありますが、カシスアントシアニンには、眼圧を下げる効果もあるようです。

カシスを摂取したときとそうでない場合の眼圧の変化を、 健常な人と、緑内障患者でそれぞれ比較したところ、健常な人ではカシスの摂取で眼圧の低下が確認されました。

⇒ アントシアニン含有量の多い人気サプリ