きなりは累計販売数が110万袋を突破した大人気のDHAサプリです。

ここでは、きなりに本当に効果があるのかということを、口コミや成分を元に検証しています。

効果があるのなら、副作用も気になりますね。

きなり購入前の参考にしていただけたら嬉しいです。

きなりの詳細はこちら

まずは、きなりの特長をまとめると次の通りです。

  • DHA・EPAを合計500mgの高配合
  • 全額返金保証あり
  • 定期コースの回数縛りなし(初月解約OK)
  • アスタキサンチン配合でDHA・EPAの酸化防止
  • ナットウキナーゼ配合で血液サラサラ
  • 魚臭い嫌なニオイや味はなし
  • 国内のGMP認定工場で製造
  • トランス脂肪酸が発生しない製造方法
  • モンドセレクション2年連続金賞受賞
  • リピート率92.3%という圧倒的実績

きなりの詳細はこちら

きなりに含まれる主要成分、DHA・EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼの効果をまとめました。

きなりの効果-DHA

DHAは、青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸で、体内ではEPA(エイコサペンタエン酸)から合成されます。

冷たい海に住んでいる魚の脂で、低温状態においても固まらないという特性を持っているDHAには次のような効果があります。

DHAの効果-記憶力、判断力を向上する

DHAは脳を構成する約140億個の脳細胞の膜に存在し、脳内でも特に記憶や学習に関わる海馬に多く存在します。

DHAは脳を活性化するので、海馬のDHA量が頭の良さに影響を与えると考えられ、脳の栄養素とも呼ばれています。

脳には、有害なものが外部から入らないようにする血液脳関門と呼ばれているフィルターのようなものがあり、脳内に侵入できる成分は多くありません。

DHAは血液脳関門を通過することができる成分で、神経伝達物質の量を増やし、情報伝達を活性化します。

また、DHAは神経細胞の発育を活性化させ、機能維持に重要な役割を果たしています。DHAは記憶や学習能力を向上させるために有効な成分です。

DHAの効果-アルツハイマー型認知症に有効

認知症患者に6ヵ月間DHAを摂取させると、計算力や判断力が高まるという結果が報告されており、DHAはアルツハイマー型認知症にも有効だと言われています。

DHAは神経細胞を修復し、残った神経細胞を活性化するので、脳の神経細胞が死んで萎縮する病気であるアルツハイマー型認知症に有効なのです。

DHAの効果-血流を改善する

DHAは、血管壁の細胞膜を柔らかくする働きがあるため、血流を改善する効果があるといえます。

同時に赤血球の細胞膜も柔らかくするため、血流が改善され血液サラサラ効果もあります。

また、DHAは中性脂肪を減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やす働きもあります。

これらの働きにより、血流を改善し、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の予防に利用されています。

DHAの効果-視力を回復する

DHAは、目の網膜に含まれる脂肪酸の約40%を占めている、目にとっても必要不可欠な成分です。

視力低下の原因のひとつが脳の働きの低下。DHAを摂取すると、近視の改善や集中力の向上、動体視力の改善などに効果があります。

DHAを含んだパンを小学生に食べさせたところ、視力が改善されたという事例もあります。

また、未熟児にDHAを摂取させると、未熟児網膜症のリスクを低減することもわかっています。

DHAの効果-アレルギーを予防する

DHAには、シクロオキシゲナーゼというアレルギーを促進する酵素の働きを阻害する作用が確認されています。

シクロオキシゲナーゼはプロスタグランジンE2という、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息といったアレルギー症状を促進する物質です。

DHAはこれらのアレルギー源であるシクロオキシゲナーゼを阻害し、プロスタグランジンE2がつくられるのを抑えます。

したがって、アトピー性皮膚炎や花粉症,喘息といったアレルギー症状、関節炎などを緩和する効果が期待できるのです。

DHAの効果-精神を安定させる

子どもや年輩者を対象にした最近の研究では、DHAを摂取することで攻撃性がなくなり、精神面が安定します。

この結果から、ストレスの緩和にも有効だと言われています。

きなりの効果-EPA

EPAは体内の血流を良くする働きのある必須脂肪酸です。

国際的にはIPA(イコサペンタエン酸)と呼ばれることもあります。

血流が悪くなると、酸素と二酸化炭素、栄養分と老廃物などの交換がうまく行われなくなります。

血流が悪くなると体の機能が低下するとともに、血圧が上昇し、血管がつまったり、破裂したりするリスクが高まります。

そのような症状の防止にEPAが有効です。

EPAとDHAの違い

EPAとDHAは分子構造がよく似ていて、いずれも血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる作用があります。

DHAとEPAの最も大きな違いはDHAは脳の構成成分で、脳が必要とする限られた栄養分の一つであるのに対し、EPAは脳の入り口の血液脳関門を通過できないことです。

EPAは血小板凝集抑制効果に優れ、心筋梗塞や虚血性心疾患などの予防効果があります。

このような効果はDHAよりEPAのほうが高いとされています。

EPAとDHAは互いに補いながら、2つの働きにより脳内の血管を健康を維持しています。

この2つの働きがあるからこそ、脳血栓や脳梗塞などを食い止めることができるのです。

EPAはDHAと同様に青魚の油に多く含まれているため、普段の食生活で意識して取り入れたいですね。

DHAやEPAの欠点はどちらも酸化しやすいということ。

効率良く摂取するには抗酸化作用を持つビタミンEやビタミンCを含み、EPAが酸化されないように工夫された「きなり」のようなサプリメントを選びましょう。

EPAとDHAは一緒に摂取することで相乗効果を発揮します。きなりはEPAもDHAも同時に摂取できるので便利です。

EPAの効果-生活習慣病の予防・改善効果

EPAは血小板凝集抑制効果が強く、血栓の発生を防ぎます。

そのため、心筋梗塞や虚血性心疾患など、生活習慣病予防の効果があります。

善玉(HDL)コレステロールを増やし、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を減らす作用もあり、血液をサラサラにしてくれます。

高血圧の予防や改善に有効です。

EPAの効果-炎症を抑制する効果

EPAには抗炎症作用や免疫力を高める働きがあり、炎症を引き起こしたり白血球の活性化に関わる因子の働きを抑制することで、病気の発症を抑制します。

EPAの効果-アレルギー症状を緩和

最近の研究ではアトピー性皮膚炎や花粉症、喘息といったアレルギー症状の緩和にもEPAは有効だと考えられています。

EPAはシクロオキシゲナーゼ、あるいはリポキシゲナーゼなどの酵素を抑制することで、損傷された組織および炎症部位に入り込んだ白血球などから放出される生理活性物質の働きを抑えます。

つまりアレルギーを促進する酵素の働きを阻害するということです。

EPAの効果-精神を安定させる

EPAは人の精神面にも影響を与えます。うつ病やイライラを緩和させ情緒を安定させる作用があると考えられます。

アルツハイマー患者にEPAを投与することでも認知機能の改善が確認されたという報告があります。

きなりの効果-クリルオイル

きなりに配合されているクリルオイルとはどんなものなのでしょうか?

クリルオイルとは、海中に生息する甲殻類の一種である南極オキアミから得られるオイルです。

オキアミは動物プランクトンの一種で、世界中の海に分布しています。プランクトンとはいえ、体調は5~6cm、体重は1~2gにまで成長するものがあります。

オキアミは、クジラをはじめとする様々な生物のエサとなり、南極海の生態系を支える重要な生物です。

クリルオイルは、南極付近などの野菜が少なく肉中心の食生活を送っている人々の健康を維持するオイルとして利用されてきました。

クリルオイルの効果-生活習慣病の予防・改善効果

クリルオイルや魚油に含まれる脂肪酸のDHAやEPAは、低温でも固まることがありません。

動物の脂は常温でも固まってしまいますが、魚の油は-40℃でも固まりません。

このような性質を持つDHAやEPAは、血流や血管の健康を維持してくれます。

DHAには、血管壁の細胞膜を柔らかくする働きがあるため、血流を改善する効果があると思われます。

同時に赤血球の細胞膜も柔らかくするため、血流が改善されます。

また、DHAは悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やすことが確認されています。

これらの働きにより、血流を改善し、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞、高血圧、高脂血症などの生活習慣病に有効です。

さらに、EPAには血栓ができるのを予防する働きがあります。

心筋梗塞や虚血性心疾患など、生活習慣病予防にも有効です。

1日あたり4g以下のEPAとDHAを摂取する場合、悪玉(LDL)コレステロール値を5〜10%低下させ、中性脂肪も25〜30%引き下げることが確認されています。

ある臨床試験では、EPA600mgとDHA260mgを高脂血症傾向がある人に12週間投与したところ、中性脂肪が低下しました。

この2つの不飽和脂肪酸に加え、アスタキサンチンは強力な抗酸化作用をもつため、動脈硬化やメタボリックシンドロームを予防するのに役立ちます。

クリルオイルの効果-女性特有の悩みを改善する

女性の健康は女性ホルモンの影響を強く受けています。

月経前になるとイライラしたり、気分が落ち込んだり、肌トラブルが起こったりという体の不調が月経前症候群(PMS)に悩まされる女性も多いですよね。

また、40代後半から50代前半の閉経前後の10 年では、ほてりや発汗、不安感などの症状の更年期障害に悩む女性も多いです。

これは年齢とともに卵巣の機能が衰えることにより、ホルモンバランスが崩れることが原因です。

クリルオイルに含まれるリン脂質とDHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸がイライラ、気分の落ち込みなどのPMSの症状や、ほてりや不安感、イライラなどの更年期障害を軽減してくれます。

クリルオイルの効果-心疾患を予防する

クリルオイルには心臓の病気を予防する働きがあります。

ノルウェーの大学病院で、ラットを使用したクリルオイルの働きを調べる実験結果が報告されています。

ラットを、対照グループ、クリルオイルを前投与するグループ、心筋梗塞の誘発後にクリルオイルを投与するグループの3つに分け、心機能の経過を観察しました。

その結果、クリルオイルを前投与したグループでは、対照グループと比較して左室拡張、心重量、肺重量が有意に低減したことが確認されました。

この実験により、クリルオイルには心臓の機能を改善する働きがあるのではないかと推測されます。

この他にも、記憶力の向上や脳の活性化、また肝機能を高める働きもあります。

きなりの効果-ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼとは、納豆菌から生成される、タンパク質を分解する酵素のひとつです。

納豆がカラダによいと言われるのはナットウキナーゼの働きによるところが大きいです。

ナットウキナーゼにはどんな効果があるのでしょうか?

ナットウキナーゼの効果-血栓症を予防する

ナットウキナーゼは血栓を溶かすことで、脳梗塞や心筋梗塞を予防します。

脳梗塞や心筋梗塞は血栓症です。

血液中にできた血栓が血管を詰まらせることによって引き起こされる病気です。

血栓は本来、血管の損傷を修復するために重要です。しかし、血液がドロドロになると、できた血栓がスムーズに溶かされず、残ってしまいます。

その結果、血管が詰まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことがあるのです。

また、脳梗塞や心筋梗塞などの血管疾患により日本人の3割が死亡しています。

ナットウキナーゼには血液中の血栓を直接溶かす働きと、血栓を溶かすために働くウロキナーゼという酵素を活性化させる働きがあります。

ナットウキナーゼは、このウロキナーゼを活性化させることで、もともと体に備わっている血栓を溶かす酵素をつくり出すのです。

また、ナットウキナーゼは、血栓症のひとつであるエコノミー症候群の予防にも役立ちます。

ナットウキナーゼの効果-高血圧を予防する

ナットウキナーゼは、血栓を溶かすことで、高血圧を予防します。

心臓は、毎分4~5ℓの血液を全身に送り出しています。この時に血液が動脈の壁にかかる圧力が血圧です。

血圧が高い状態が続くと、頭痛やめまい、動悸、息切れ、耳鳴り、手足のしびれといった症状が引き起こされます。

血管に無理な力がかかることで血管壁がもろくなり、動脈硬化を引き起こすリスクが高まります。

さらに、もろくなった血管に圧力がかかると、血管が破れやすくなるため、脳出血につながる恐れもあります。

ナットウキナーゼが高血圧を予防することで、高血圧によって引き起こされる病気の予防にもつながります。

ナットウキナーゼの効果-コレステロール値を下げる

ナットウキナーゼが血液中のコレステロール値を下げ、脂質異常症を改善するという報告があります。

脂質の一種であるコレステロールは、細胞をつくる材料です。

しかし、バターなどの動物性脂肪を多く含む食品の摂りすぎは、血液中のコレステロール値を上げることになります。

コレステロールの増加は、脂質異常症・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞などの病気を引き起こす原因にもなります。

また、消費エネルギーの60~70%を占める基礎代謝は、年齢とともに低下するため、コレステロールが増えやすくなります。

ナットウキナーゼには、脂質異常症を引き起こすコレステロールの増加を抑える効果があるのです。

きなりの詳細はこちら

きなりの口コミ

「きなり」を実際に飲んでいる人はどのように感じているのでしょうか?きなりの口コミを集めてみました。

きなりの口コミ1

数年前からコレステロール値が高いので、少しでも改善しようと昨年の健診2ヶ月前からきなりを飲み始めました。健診結果では中性脂肪は数値が下がり標準値に入っていたものの、LDLコレステロールは前回よりもさらに高くなっていました。きなりを飲んだ期間が短いためかとも思い、もうしばらく続けてみようかと思っています。寝る前にきなりを飲むと、朝の目覚めがいいです。コレステロール値は期待ハズレですが、それ以外は気に入っています。

きなりの口コミ2

きなりを飲み始めて一か月なのでまだ、効果は感じません。コレステロールを下げてくれることを期待しています。でも、なんとなくよく眠れるような気がします。朝も前よりかは、寝起きも良くなったような気がします。あと2~3ヶ月は続けてみます。

きなりの口コミ3

きなりは錠剤自体はニオイがないのですが、飲んだ後にあがってくるにおいが嫌でした。飲みやすい大きさなのですが、飲んだ後に柑橘系の香りが上がってくるのが気になります。効果は実感していません。

きなりの口コミ4

血管年齢が高いと診断されたので「きなり」を試してみることに。自分には合ってるようで、寝起きが良くなったし血管年齢も若干下がっています。体が軽くなったような気がします。割と早い段階で効果を感じることができました。

きなりの口コミ5

「きなり」を飲み始めて2ヶ月になります。疲れにくくなった気がします。コレステロールが気になっているので購入しました。当分続けてみようと思います。

きなりの口コミ6

魚をほとんど食べないので、サプリでDHAやEPAを摂りいれようと、きなりは評価が高いので購入しました。ダイエットのために運動しているのですが、「きなり」を飲む前より走れる距離が長くなりました。次の日に疲れが残る事もありません。これからも続けたいですね。

きなりの口コミ7

「きなり」を毎日2ヶ月飲み続けましたが、あまり効果はないように思います。他のDHAやDPAサプリを試したことがないので、きなりがどれくらいよいのかわかりません。

きなりの口コミ8

健康診断でいつもコレステロール値が高いので、健康診断前に少しでもよくしようと、悪あがきで「きなり」を飲み始めました。思った以上に効果があり、数値は2~3ヶ月で30以上さがり嬉しい限りです。しかし、価格が高いのが難点ですね。

きなりの口コミ9

「きなり」を飲み始めて1ヶ月たちましたが、今のところ少し身体が軽いかな?というくらいです。ただ、飲みやすさは宣伝のとおりで、継続して習慣化しやすいものであるのは嬉しいですね。今後もとりあえず続けてみます。

きなりの口コミ10

会社の健康診断でコレステロール値が高く、指摘されたことが不安になって「きなり」を購入しました。半年後に、再度測定したコレステロールは、1割程度低下していました。継続することでそれなりの効果は期待できると感じます。ただし、1ヵ月で3,790円はなかなかの値段ですので、続けるのがしんどいです。

きなりの口コミ11

血管年齢測定をして、実年齢+10歳だったので不安になり、友人から教えてもらったのが「きなり」です。きなりを飲み始めて、たった2週間で血管年齢が+5歳に下がっていました。まだ3週間ですが、続けたくなりましたね。

きなりの効果的な飲み方

きなりはDHA・EPAを効率的に摂取できるサプリですが、薬ではなく健康食品なので、いつ飲んでも基本的にはOKです。

ただ、食後に飲むのが効果的かと思います。

食後の消化が始まったタイミングで飲むことで、胃もたれなどのトラブルを防止し、吸収率も高くなりそうです。

きなりの1日の摂取目安は4粒です。4粒でDHA・EPAを合わせて500㎎摂取できます。

飲む回数も定められてはいませんが、1回でまとめて4粒飲むより、朝食後と夕食後など、複数回に分けて飲んだほうが、吸収効率が高まるので効率的ではないでしょうか。

DHA・EPAは飲んだからといって、体内に蓄積されていくわけではないので、継続的な摂取が必要です。

きなりの詳細はこちら

きなりに副作用や健康被害はある?

DHAサプリ「きなり」に副作用や健康被害はあるのでしょうか?

結論からいうと、これまで「きなり」を服用して副作用や健康被害があったという報告はされていません。

「きなり」はサプリメントであって薬ではないので、副作用が起こることは考えにくいです。

ただし、「きなり」はクリルオイルを使用していて、アスタキサンチンを含んでいるので、甲殻類にアレルギーがある方は摂取を控えたほうがいいかもしれません。

アレルギーがなければ、1日の用量を守って摂取する限り、健康被害や副作用が起こる可能性は極めて低いでしょう。

DHA・EPAの過剰症について

EPAとDHAは健康維持に欠かせない成分であることから、積極的な摂取が推奨されています。しかし、過剰に摂取してしまうと、弊害が起こることもあります。

重要なのは、1度に大量に摂取するのではなく、必要量を毎日しっかり摂取することです。

EPA・DHA摂取の注意点

1日3,000mg以上の摂取は控える

EPA・DHA合わせて1日3,000㎎以上の摂取は、過剰摂取となります。

欧州食品安全機関(EFSA)では1日5g、アメリカでは3g摂っても特に問題ないとはされていますが、日本においては1日1gが推奨されています。

EPA・DHAを3g以上摂ると、吐き気や下痢、鼻血などの症状を引き起こす可能性が示唆されています。

薬を服用している際は、その種類によって摂取量に注意する

DHA・EPAには、血液をサラサラにして血栓をできにくくする働きがあります。

そのため、血液凝固阻止剤を服用している人、出血が止まりにくい傾向のある人は、きなりを飲む前に、医師に相談したほうがいいでしょう。

また、DHAとEPAには血圧低下作用もあります。

血圧を下げる薬を服用している人は、薬との相乗効果で下がりすぎてしまう可能性があるので、注意が必要です。

きなりの詳細はこちら

きなりを最安値で安全に購入するには?

きなり(DHAサプリ)を買うにも、最安値で買いたいと思うのは誰でも同じですね。

ここでは「きなり」を最安値で、安全に購入する方法をお伝えします。

いくら安くても、アマゾンマーケットプレイスのような詐欺にはあいたくないですよね。サプリメントは自分の身体に入れるものですから、特にそうです。

きなりを最安値で購入するには楽天?アマゾン?

結論から言うと、きなりを最安値で安全に購入できるのは公式サイトです。

きなりはアマゾンや楽天でも販売されていますが、公式サイトで購入するほうが圧倒的にお得に購入できます。

  • 公式サイト価格・・・初回1,980円 2回目以降3,790円
  • アマゾン価格・・・4,100円
  • 楽天価格・・・5,847円

楽天では、なぜか定価より高額で販売されていますね。公式サイトで仕入れて、転売でもしているのでしょうか?

なお、「きなり」は薬局やスーパーなど実店舗での販売はありません。

インターネット通販のみになるのですが、その中でも公式サイトで購入するのが最もお得です。

公式サイトでは、定期購入になりますが、定期購入にありがちな購入回数条件がありませんので、いつでも解約することができます。

初回は1,980円、2回目以降も3,790円で購入することができます。

きなりの詳細はこちら

きなりの解約方法

きなりは定期コースにありがちな購入回数の縛りはなく、いつでも定期コースを解約する事ができます。

解約できる条件は以下の通りです。

  • 次回の配送予定日の10日前までに連絡する
  • メールもしくは、電話で一旦停止または、解約したいと伝える
さくらの森カスタマーズサービス
月~金9:00~20:00、土9:00~18:00 (日祝休)
TEL: 0120-842-555
FAX: 0120-842-366
MAIL:さくらの森専用お問い合わせメールフォームはこちら

 

商品発送後のキャンセルは、商品の到着前でも返品扱いとなり送料は負担です。

解約をしたい場合は10日前までに連絡しましょう。これを過ぎると1回分余計に届いてしまいます。

サプリメントの定期購入の解約は、ほとんどの場合、「電話での受付のみ」というのが多いのですが、「きなり」はメールでも解約することができます。

電話で解約をすると、理由をあれこれ聞かれるんじゃないかとか、強引に引き留められるのではないかとか、不安に思う人もいるかもしれませんが、そんなにしつこく聞かれないので気軽に電話しましょう。

「もしよかったら理由をお聞かせください」

この程度なので、「効果を感じない」とか「経済的に負担」とか言っておけば問題ありません。

きなりをおすすめする3つの理由

DHAサプリは「きなり」以外にもたくさんありますが、「きなり」をおすすめするには理由があります。

理由は3つあります。

  1. 酸化しにくい
  2. コストパフォーマンスがいい
  3. リピート率が高い

酸化しにくい

DHAサプリはたくさんありますが、何を基準に購入しますか?

まずはDHAの配合量、そして金額が気になりますね。

しかし忘れてはならないのが、DHAの品質です。

DHAは酸化しやすいという特徴があります。

カラダに取り入れたときに酸化した状態では、カラダにいいどころか、逆に悪影響をもたらす不安もあります。

DHAサプリを選ぶ時には、配合量、価格のほかに、酸化対策がされているかどうかを確認しましょう。

DHAの酸化対策として、ビタミンEを配合している商品が多いです。

ビタミンEは抗酸化力の強い成分ですからね。

しかしビタミンEの1000倍の抗酸化力がある成分を一緒に配合しているDHAサプリがあったら、どちらを買いたくなりますか?

きなりにはアスタキサンチンが配合されていますが、アスタキサンチンはビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つと言われています。

きなりは、DHAが酸化されずに体内に摂りいれられるということです。

コストパフォーマンスがいい

サプリメントは薬ではないので、即効性は期待できません。

ある程度の期間(3ヶ月~半年)くらいは続けてみないと、効果を実感するのは難しいでしょう。

だから、続けやすい「価格」というのは大切なポイントです。

ここで人気のDHAサプリ10商品の1日あたりのコストを比較してみます。

人気のDHAサプリ10商品の1日あたりのコストを比較するために、それぞれのDHAサプリを2ヵ月購入したとして、1日あたりのコストを計算してみます。

ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル 16円
ディアナチュラDHA with イチョウ葉  50円
みやびのDHA&EPAオメガプラス  56円
DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン  79円
小林製薬 EPA DHA α-リノレン酸  83円
きなり  96円
美健知箋EPA&DHA  100円
DHA&EPA+セサミンEX 165円
井藤漢方製薬 DHA1000  190円
ハピネスマンボウサンQ  216円

ただ、1日あたりのコストだけ比較しても意味はありません。

コストが低くても、DHAの配合量が少なかったり、酸化対策がされていなければ、効果は低いです。

次に、DHA1,000㎎(厚生労働省の推奨量)を摂取するのに、1日にいくらかかるのか?ということで計算してみました。

ディアナチュラDHA with イチョウ葉  100円
ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル 150円
美健知箋EPA&DHA  181円
井藤漢方製薬 DHA1000  190円
きなり  213円
みやびのDHA&EPAオメガプラス  229円
小林製薬 EPA DHA α-リノレン酸  242円
DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン  264円
DHA&EPA+セサミンEX 550円
ハピネスマンボウサンQ  4,094円

 

きなりをコストで見ると、この中では第5位です。

それでも「きなり」をおすすめするのは、酸化しにくさという点で最も期待できるからです。

上位4つのサプリの酸化対策は、すべて酸化防止剤としてビタミンEを使用しています。

「めなり」はビタミンEの1,000倍の抗酸化力があるアスタキサンチンが使われています。

DHAの配合量、コスト、酸化対策、この3つを総合的に考えたときに、最もおすすめできるのが「きなり」です。

リピート率が高い

最終的には、結局は売れているDHAサプリが一番ではないでしょうか。効果があると感じる人が多いから、リピートされるわけです。

きなりは一度購入した人の92%がリピートする商品ですから、間違いはないでしょう。

きなりの詳細はこちら