ストライクHMBの効果について、口コミや成分から検証しました。気になる副作用についても調査しました。

また、ストライクHMBを購入するなら、どこが最安値なのか?購入前の参考にしていただけたら嬉しいです。

ストライクHMBの詳細はこちら

ストライクHMBの特徴

ストライクHMBの特徴としては、HMBの他、クレアチンとLカルニチンが配合されていることです。

HMBサプリが人気ですが、脂肪燃焼を促進する効果のあるLカルニチンを配合したものはストライクHMBくらいです。

筋肉をつけながら、スッキリしたい人向けです。

ストライクHMBの口コミ

ストライクHMBの口コミ1

今までは、プロテインを飲みながら筋トレを継続していました。しかしプロテインだけでは効果が今一つだったので、雑誌で見かけたストライクHMBを購入しました。今はプロテインと一緒にストライクHMBを飲んでいます。目に見えて筋肉が太くなっているので、周りのジム仲間にもどんどんすすめています!プロテインはなくてもいいかなと思っています。それくらい効果絶大です。

ストライクHMBの口コミ2

HMBサプリを昔から愛用していますが、以前は日本製のものが少なくて、海外製は粒が大きく飲みにくいのであまり好きではありませんした。しかしここ2,3年で日本製のHMBサプリが増えてきたので、いろいろなHMBサプリを試しています。今のところ僕はストライクHMBが一番お気に入りです。

ストライクHMBの口コミ3

ストライクHMBを飲むようになって、筋肉痛からの回復が早くなった気がします。プロテインだけ飲んでいた時に比べて、筋肉が大きくなる感じがします。今はプロテインとストライクHMBの併用ですが、ストライクHMBだけでもいいかもしれません。

ストライクHMBの詳細はこちら

ストライクHMBの効果を生み出す成分について

ストライクHMBに配合されている成分は下記の通りです。

カルシウムHMB:1500mg、L-カルニチン:19.98mg、トンカットアリ抽出物:15mg、フェヌグリーク:15mg、クレアチン:10.02mg、BCAA:12mg、Lグルタミン:4.02mg、バイオペリン:1.98mg、シナモン抽出物:1.98mg、乳糖:438.3mg、JAS有機コーンスターチ:21mg、ステアリン酸カルシウム:63mg

HMB

HMBとは筋力アップに有効な成分であるアミノ酸の一種「ロイシン」が体内で変化してできる物質です。

筋力アップといえばプロテインですが、実はプロテインはあまり効率がよくないのです。

プロテインを飲むと、一度体内で分解をして「ロイシン」を生成し、さらにそのロイシンが代謝してできるのがHMBです。

つまり、プロテイン⇒ロイシン⇒HMBの順番です。

それなら、HMBを直接摂取するほうが早いですよね。

ストライクHMBには1日あたり分量に1.5gのHMBが配合されています。

HMBは、アメリカのアスリートの間で人気になった成分で、特に筋トレをする人に愛用者が多い成分です。

日本では2010年にやっと販売が許可された成分です。ここ1年ちょっとの間に急速に日本でもHMBサプリの人気が高まっています。

HMBの効果効能

HMBはロイシンが体内で代謝されてできた物質。

では、ロイシンとはどんな働きがあるのでしょうか?

アミノ酸の一種であるロイシンは、イソロイシン、バリンとともにBCAAと呼ばれています。

BCAAは人間が生きていく上で必要な20種類のアミノ酸の中でも、特に筋肉に対して影響を及ぼす成分です。

BCAAはタンパク質の合成を促進して、筋肉の分解を防いだり、筋肉の回復を促進する働きがあるのです。

あなたがもしスポーツジムに通っているのであれば、筋トレ前のロッカーでBCAAを飲んでいる人を見かけたコトがあるかもしれません。

BCAAはプロテインにも多く含まれていますが、BCAAのみ単体で摂取したほうが吸収率が圧倒的に早くなります。

筋トレ前にBCAAを摂取しておくことで、筋トレ中の筋肉の分解を最小限に抑えてくれる効果を期待できるということです。

バリン、ロイシン、イソロイシンのBCAAの日本での割合は、

バリン:ロイシン:イソロイシンは1:2:1が理想。

ロイシンが一番多く含まれているということです。

ロイシンは筋肉を成長させるのに必要な成分です。しかし、最近の研究によって、ロイシンの筋肉増強効果は、ロイシンが体内で変化してできる「HMB」によるものであることが判明しました。

ロイシンが体内でHMBになるのはたったの5%

筋肉を大きくするHMBを体内で生成するには、ロイシンをたくさん摂取すればいいということになるのですが、体内に摂り入れたロイシンのうち、HMBに変換されるのは、たったの5%しかありません。

ロイシンを100g摂取して、HMBになるのはたったの5gです。

筋肥大に有効とされるHMBの摂取量は1日3gと言われています(1.5gでもOK)。

3gのHMBを体内で生成するには、60gのロイシンを摂取しなければなりません。

60gのロイシンを摂取するには?

1日に60gのロイシンを食事だけで摂取しようとすると

ロイシンを多く含む食材の代表であるカツオブシを約1㎏食べなければなりません。

クロマグロであれば、約3㎏分。鶏むね肉であれば約4㎏。

これだけの量を食べることはまず不可能です。

そこで考えてられたのが、ロイシンが変化してできるHMBを直接摂取してしまおうということです。

このような背景があって、HMBサプリが大流行しているんですね。

高品質HMBサプリであるストライクHMBは1日分あたりHMBを1.5g配合しています。

BCAA

ストライクHMBに含まれるBCAAとは、Branched Chain Amino Acidsの頭文字をとったもの。

分子構造から分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれています。体内で合成できないものを必須アミノ酸のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンを総称してBCAAと呼んでいます。

ストライクHMBには1回分12㎎のBCAAが配合されています。

BCAAの効果効能

  1. トレーニング中の筋たんぱく質の分解を抑える
  2. 脳の疲労を軽減

トレーニング中の筋たんぱく質の分解を抑える

筋トレをして筋肉に負荷をかけると、筋肉中のたんぱく質が分解されます。

ここで、トレーニング直前にBCAAを摂取することで、血中と筋肉中のBCAAの濃度が上がります。

そのため、筋肉から遊離する必須アミノ酸の量が減りますので、筋肉の分解が抑制されるのです。

BCAAは吸収が早いので、トレーニング直前に飲むのがベターです。

脳の疲労を軽減

BCAAには脳の疲労を軽減する働きもあると言われています。

睡眠ホルモンとして知られるセロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンから作られます。

脳内でセロトニンを生成するときに、トリプトファンを取り込むと、脳が疲労するといわれています。

その疲労を軽減するのがBCAAです。

筋肉の構成成分

人の筋肉はタンパク質でできています。そしてタンパク質はアミノ酸が組み合わさってできたもの。

人の筋肉の中にある必須アミノ酸の中でBCAAが占める割合は35%に及びます。

すなわち、BCAAは筋肉の増強に大きな影響を与えているということです。

必須アミノ酸

必須アミノ酸とは、生命の維持に必要なアミノ酸20種類のうち、人間の体内で合成できないアミノ酸のことです。

自然界にはおよそ500種類ものアミノ酸が存在しています。

しかしそのうち私たちの体を作り、生命の維持に必要とされるのアミノ酸は20種類。

同じアミノ酸でもそれぞれの働きは異なり、どのアミノ酸が不足しても、体のどこかに不調が起こります。

BCAAであるバリン、ロイシン、イソロイシンは必須アミノ酸です。

グルタミン

ストライクHMBに含まれるグルタミンの効果効能

グルタミンは筋肉の分解を抑制する働きのある非必須アミノ酸です。さらに筋肉を強化し筋肉疲労を回復する効果もあります。

非必須アミノ酸ですから、体内で合成されます。にもかかわらず、体外から摂取することが必要なのでしょうか?

グルタミンは体内で生成される上、最も多いアミノ酸です。

しかし強いストレスや風邪で消耗してしまいます。

そのため、筋トレなど激しいトレーニングをする場合は、摂取しておいたほうがいいでしょう。

グルタミンを摂取するには?

グルタミンは肉や魚、卵に多く含まれているのですが、熱を加えると性質が変わります。

食べ物からグルタミンを摂取するなら刺身など生食材がおすすめ。

効率的にグルタミンを補給するならサプリメントがお手軽です。

グルタミンは過剰に摂取すると肝臓にダメージを与えるといわれていますので、摂取量は1日40g以内が目安です。

なお、普段の食生活で過剰症の心配はありません。経口摂取ではほぼ安全な成分です。

グルタミンが不足すると、筋力低下や消化不良を起こしやすくなりますので、強いストレスを感じていたり、激しいトレーニングをする人はグルタミンを補給したほうがいいかもしれません。

ストライクHMBには1回分4㎎ほど含まれています。

クレアチン

クレアチンは、アミノ酸の一種でエネルギーの産生に関わっています。筋力や身体機能を向上させる効果があるといわれており、アスリートには必須の成分です。

ストライクHMBに含まれるクレアチンの効果

ストライクHMBにはクレアチンが1回あたり10.02㎎含まれています。

クレアチンにはどのような効果があるのでしょうか?

持久力を高める

クレアチンはエネルギーが作られるのを促進する働きがあり、運動するときの持久力や筋力をアップする効果があるといわれています。

特に短時間で激しい運動(筋トレ、短距離走など)を繰り返すときに、運動能力を高める効果が明らかになっています。その効果によりクレアチンは多くのアスリートに人気です。

また、アスリートだけではなく、高齢者の筋力維持やリハビリテーションにも有効であるとされています。このあたりの研究が進められています。

筋肉を修復する

筋肉は使わないと衰えます。せっかく鍛えた筋肉もちょっとトレーニングをサボるとすぐに落ちてしまうのは、誰しも経験していることでしょう。

クレアチンを摂取することによって、筋肉を修復し、回復を早める効果があるといわれています。

記憶力や学習能力をアップ

クレアチンはアミノ酸の一種で、脳や神経細胞にも多く存在しています。

クレアチンは、神経を保護し、記憶能力の改善にも役立つといわれています。

クレアチンの働き

人が生きていくにはエネルギーが必要で、そのエネルギーは、ATPが分解されることで得られます。

しかし、体内のATPの量には限界があるため、運動し続けるためにはATPを再合成しなければなりません。

クレアチンは、ATPの再合成を促進し、エネルギー量を増加させる働きがあるといわれています。

黒胡椒抽出物

黒胡椒は料理のスパイスとして使われますが、実は、血行促進や滋養強壮に効果があります。

血行促進効果

ペパリンという黒胡椒に含まれる成分が血管を広げることにより、血液が流れやすくなり、血行が促進されます。血行が促進されることにより、新陳代謝が活発になります。運動時には汗をかきやすくなります。

滋養強壮効果

黒胡椒に含まれるアルカノイドという成分には、一緒に摂った食品の栄養素の吸収を促進する働きがあるといわれています。

つまり、より効率的に栄養を摂取することができるのです。ストライクHMBの他の成分の吸収率もよくなりそうです。

黒胡椒の摂取方法

普段の料理に加えるだけで簡単に摂取量を増やすことができますが、辛いですから一度に大量に摂取するのは難しいですね。

最近ではオイルに成分を溶け込ませて、そのオイルを料理で使い、黒コショウを摂取する方法もあります。

黒胡椒の摂取量

黒コショウの中に含まれているペパリンという成分の1日の摂取量は、10~20mg程度が目安とされています。

もともと日本人は味付けに胡椒を使うことが少なく、多くは醤油や味噌でした。

したがって、他の国の人と比べて胡椒の摂取量は少ないと思われます。

食前に摂取すると、栄養吸収のサポートや血行促進といった効果がありますので、意識して摂取したい成分ですね。

フェヌグリーク

地中海地方が原産のマメ科の一年草です。

インドやアフリカでは昔から有効利用されていました。インド医学のアーユルヴェーダでは肝機能を高め、消化不良に良いハーブとして知られています。

フェヌグリークの種子を瓶に入れ部屋に置いておくと、お金がたまり、暮らしが豊かになると言われていました。

ちょっとやってみたいですね。

フェヌグリークの効果

フェヌグリークは、ハーブなので、煮出して飲んだり、カレーのスパイスとして使われるというのが一般的でしたが、最近ではサプリメントに配合される成分としても注目されています。

フェヌグリークは昔から炎症を抑える働きがあることが知られ、支炎、消化器疾患の改善に使われてきました。

L-カルニチン

L-カルニチンは、エネルギーをつくり出し、脂肪燃焼を促進するアミノ酸の一種です。

主に肉類に含まれている成分で、L-カルニチンが体内に豊富にあると、太りにくい体をつくることができます。

Lカルニチンは必須アミノ酸のリジンとメチオニンを材料に、肝臓で作られます。

体内ではタンパク質の形をとらない、遊離アミノ酸の一種です。

L-カルニチンの効果

L-カルニチンには次の効果が期待されています。

  1. 脂肪燃焼効果
  2. 疲労回復効果

脂肪を燃焼しやすくする効果

L-カルニチンは、ミトコンドリアへ脂肪を運び、脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。

ミトコンドリアは脂肪を原料としてエネルギーを作り出す工場です。

L-カルニチンをたっぷり補給することによって、体内に蓄積している脂肪をエネルギーとして効率良く燃焼することができます。

結果として脂肪が付きにくい体をつくることができます。

L-カルニチンが不足した状態では、脂肪が燃焼されにくくなり、、肥満につながりやすくなるということです。

疲労感をやわらげる効果

L-カルニチンを摂取することで、疲労感を緩和することがわかっています。

特に、寝ても寝ても疲れが取れないという日常的・慢性的に疲れを感じている人は、L-カルニチンが不足しているかもしれません。

エネルギーが十分に産生されれば、疲れにくくなるというのは何となくわかります。

L-カルニチンの目安量と摂取量

L-カルニチンは、成人1人あたり1日に10㎎程度を体内でつくり出すことができるといわれています。

しかし年とともにL-カルニチンの合成能力が衰え、体内のL-カルニチンの量は不足しがちになります。

L-カルニチンの1日の摂取目安量は最大1000mgとされていますが、日本人の1日のL-カルニチン平均摂取量は75㎎程度と推定されています。

食生活によって、カルニチンの摂取量は異なり、L-カルニチンを豊富に含む羊の肉をよく食べるオセアニア地域の人々は、1日300~400㎎ものL-カルニチンを摂取しているといわれています。

逆に肉を食べる量が少ない地域ではL-カルニチンの摂取量は少なくなります。

L-カルニチンが不足すると?

L-カルニチンは、脂肪を燃焼するミトコンドリアへと脂肪を運び、エネルギーを生み出す上で重要な役割を果たします。

そのため、不足するとエネルギーが効率良くつくられず、体のだるさや息切れ、疲労感などの症状が出てくるでしょう。

激しいトレーニングをする人や疲れやすいと感じる人はL-カルニチンを摂取しているといいかもしれません。

シナモン抽出物(シニュリンPF)

「シニュリンPF」は、シナモンの樹皮より水抽出されたエキスで、米国農務省のR.A.アンダーソン博士により同定された有効成分Type-Aポリマーを規格化したものです。
シナモンとは?

シナモンの原産地はインド、マレーシア、スリランカなどの熱帯地方です。

シナモンは肉桂・桂皮とも呼ばれ、漢方に用いられたり、スパイスやお菓子作り、アロマオイルにもよく使われています。

スパイスの王様とも言われますね。

甘いものと相性がいいので、スイーツによく使われます。

バニラアイスにシナモンかけて食べると甘味が増しますよね。

アップルパイとシナモンの相性は最高です。

シナモンの効果効能

シナモンにはさまざまな効果があるといわれています。

ストライクHMBを摂取しようとする人にとっては、次のような効果は嬉しいのではないでしょうか。

  1. 脂肪細胞を小さくする効果によるダイエット効果
  2. 中性脂肪、コレステロールを下げる効果
  3. 毛細血管の血行不良改善への効果

トレーニングの効果を高めてくれそうですね。

シナモン摂取量の目安

1日の摂取量としては約3g程度が適量と言われています。長期的に1日10g以上の過剰摂取を続けると、肝機能への悪影響が懸念されます。

摂取方法としては、1日にまとめて摂取するのではなく、朝、昼、晩など複数回に分けて摂取したほうがよさそうです。

トンカットアリ

トンカットアリは熱帯雨林に自生する植物で、古くから強壮剤として使用されてきたハーブです。

精力剤によく配合されている成分といえばわかりやすいでしょうか。

トンカットアリは、マレーシア、インドシナ半島、スマトラ島、ボルネオ島の熱帯雨林に中に自生するニガキ科の植物。

成長するまでには何年もかかります。

しかも栽培するのが難しい植物。サプリメントの原料や食品として利用されるトンカットアリは全て野生のものです。

直径15cmほどの幹になるのに約10年かかるという貴重な植物です。

トンカットアリの効果効能

テストステロンの分泌促進

テストステロン(男性ホルモン)は筋肉を増やし脂肪を減らす働きを持つとともに、精神面や性的機能、健康面などあらゆることに影響を与えています。

ドーパミンというホルモンを産生し、「幸福感」や「やる気」を引き出します。

さらには、血管の状態を正常に保つ一酸化窒素(NO)を産生する働きも担っています。

一酸化窒素は血管を拡張する働きがあり、血流を促進します。

テストステロンの効果

テストステロンには次のような効果があるといわれています。

  • 活力を昂揚させる
  • 筋肉を大きくする
  • 体のラインをたくましくする
  • 骨を太くする
  • 性欲を増進させる
  • 動脈硬化を予防する
  • 内臓脂肪の増加を抑制する
  • 精子を形成する
テストステロンが不足すると?

テストステロンが不足すると、体力的な衰えだけでなく、集中力の低下や睡眠の質が落ちたと感じるでしょう。

ホルモンバランスを整える

トンカットアリは、テストステロンの増加を促進するだけでなく、女性ホルモンの分泌を促し、更年期の症状をやわらげます。

トンカットアリは、男性だけでなく女性のホルモンバランスも整えます。

血流促進

トンカットアリは血液の流れを良くする効果があり、冷え性の改善に期待大。

また、血流が良くなることで新陳代謝が活性化します。

また、体内の水分の流れも良くなり、むくみの予防・解消にも効果的とされています。

トンカットアリの摂取方法

トンカットアリは非常に強い苦みがあるため、サプリメントして摂取されるのが一般的です。

サプリメントには通常、根の部分が用いられます。非常に苦いため、ほとんどがカプセルになっています。粉末では飲みにくいんですね。

しかし、本場マレーシア国内では、トンカットアリ入りのコーヒーや栄養ドリンクなどが売られているみたいです。

トンカットアリを摂取する際の注意点

トンカットアリは自然の植物で基本的に副作用がありません。

栽培することが難しい天然植物ですから、農薬や科学肥料も使われていません。

しかし、様々な栄養素が多量に含まれているので、人によっては体質的に合わないことも考えられます。

過度な摂取は腹痛や下痢、おう吐や頭痛といった症状を引き起す事例もあるので、適量を摂取しましょう。

ストライクHMBに配合されている分量のトンカットアリでこのような症状が起こることは考えられません。

ストライクHMBに副作用や健康被害はある?

ストライクHMBは薬ではないので、副作用が起こるよう心配はほぼありません。

実際、これまでのところ、ストライクHMBを服用して副作用や健康被害が起こったという報告はありません。

ただし、アレルギーがある人は、原材料を確認してから服用しましょう。

カルシウムHMB:1500mg、L-カルニチン:19.98mg、トンカットアリ抽出物:15mg、フェヌグリーク:15mg、クレアチン:10.02mg、BCAA:12mg、Lグルタミン:4.02mg、バイオペリン:1.98mg、シナモン抽出物:1.98mg、乳糖:438.3mg、JAS有機コーンスターチ:21mg、ステアリン酸カルシウム:63mg

ストライクHMBの効果的な飲み方

ストライクHMBは1袋180粒入りです。1袋は1ヵ月分なので、1日量は6粒。6粒でHMB1.5gを摂取することができます。

この6粒をトレーニング直前のタイミングで飲むのが効果を出すコツです。

トレーニング前にHMBを補給しておくことで、筋肉の分解を抑制し、傷ついた筋線維に速やかにアミノ酸を届けてくれます。

効果を早く出したい場合は2倍の12粒を飲んで、HMB摂取量3gにするといいでしょう。

ストライクHMBを最安値で購入するには?最安値はアマゾン?楽天?

ストライクHMBは公式サイトで購入するのが最もお得です。

ストライクHMBはアマゾン、楽天、ヤフーショッピングなど、ECサイトでは販売されていません。公式サイトのみの販売です。

ストライクHMBはモテトクコースという3ヶ月定期購入が最もお得に購入できます。

初月は500円
2ヵ月目、3ヶ月目は5,925円

定価は8,980円ですが、モテトクコースだと4回目以降も特別価格の5,925円で継続することができます。

3ヵ月以内の途中解約はできません。

ストライクHMBの詳細はこちら