薩摩なた豆爽風茶の効果は本当?口コミや成分、副作用を確認。最安値は楽天?アマゾン?

薩摩なた豆爽風茶は鼻水、鼻づまり、喉のイガイガ、口臭などの症状を何とかしたいという人の間で口コミで広がった健康茶です。

ここでは、薩摩なた豆爽風茶の効果、口コミ、配合成分、副作用について調べたことをまとめています。

最安値で購入するにはどこがいいのかということについてもお伝えします。

薩摩なた豆爽風茶について詳しくはこちら

薩摩なた豆爽風茶の原材料

薩摩なた豆全草・黒豆(大豆)・鳩麦・薩摩くず草・赤芽柏・クマ笹・桑の葉

 

薩摩なた豆爽風茶に副作用や健康被害はあるのでしょうか?

結論からいうと、薩摩なた豆爽風茶を飲んで副作用があったとか、健康被害が起こったという報告はありません。

薩摩なた豆爽風茶は安心して飲むことができる健康茶です

ただ、豆知識として「なた豆」の毒素については理解しておきましょう。

※なた豆の毒性について

なた豆は大きくわけて3種類あります。

白なた豆

白い花が咲き豆の色は白色、若いサヤにも完熟している豆にも毒性はなし。

赤なた豆

赤い花が咲き豆の色は赤色、若いサヤと完熟した豆に弱い毒性があります。

タチナタマメ

淡紫の花が咲き豆の色は白色、若いさやには弱い毒、完熟した豆には強い毒性があります。

赤なた豆、タチナタマメの豆には毒性があります。

熟成するにつれて濃い灰汁が生まれます。これが毒になる成分を作ります。

なた豆の毒というのは灰汁によって生まれるアミグダリンといわれる成分が元です。

このアミグダリンという物質は、人間の体内の入れる事によりエムルシンという酵素が発生し、それが加水分解されグルコース、マンデロニトリルという物質を生成します。

このマンデロニトリルがさらに分解されると、シアン化水素(青酸)といわれる猛毒を生成します。

シアン化水素(青酸)の副作用の症状としては、主に頭痛、めまい、吐き気が挙げられます。

しかし、タチナタマメ以外のなたまめのアミグダリンの濃度は非常に低く人体に影響を及ぼすほどの強い毒性はないので、必要以上に気にする必要はありません。

そして、なた豆茶を作るときには、豆を焙煎するのですが、この過程で毒性は取り除かれます。

なた豆茶を飲む段階では、毒性はまったくありません。

さらにアミグダリンはほとんどのマメ科の種類や未熟な果実(ビワなど)と一緒に含まれており人間の身体には常に存在する物質です。

アミグダリンを含む果実は熟成とともに、エムルシンの作用により分解され濃度が時間とともに低下します。

この時に発生するシアン化水素(青酸)も時間と共に消失していくので、副作用の心配は低いでしょう。

なたまめ茶による副作用の報告もありませんので、安心して飲むことができます。

⇒ 薩摩なた豆爽風茶について詳しくはこちら

薩摩なた豆爽風茶の口コミ

薩摩なた豆爽風茶の口コミを実際に飲んでいる人がどんな体験をしたのか、口コミをまとめました。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ1

外に出るとムズムズイガイガするんで仕方なくマスクを着用していました。普段も鼻がつまると何をする気力もありませんでした。これまでいろいろななた豆茶を試しても飲みにくくてやめたりして続かず、「薩摩なた豆爽風茶」も半信半疑ではじめました。しかし思った以上に、香ばしくてすごく飲みやすいので喉にス~っと入り「これはいい!」と飲み出したら鼻の通りが良くなってきたように感じ、これまでのわずらわしさがだんだん少なくなってきました。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ2

これまで鼻がつまっていたために、感じることのなかった土の匂いや食べ物の味も「薩摩なた豆爽風茶」を飲むようになってから、感じられるようになりました。気分も明るくなって、友達や主人に「明るくなったね!」と言われました。「薩摩なた豆爽風茶」は絶対手放せません!

薩摩なた豆爽風茶の口コミ3

「薩摩なた豆爽風茶」をはじめて飲んで、すごく飲みやすいのと、口がサッパリするので気に入りました。鼻の通りが悪かったのが少しづつ良くなった感じがします!やかんで沸かして冷たく冷やして飲んでいます。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ4

「薩摩なた豆爽風茶」を飲み続けて鼻が詰まらなくなり、鼻が気持ちよく通るようになり、鼻水が出ることもなくなりました。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ5

蓄膿症になり、鼻水がダラダラ流れたり、逆に鼻が詰まったりします。ホントに苦しいです。普段は左右の鼻が交互に詰まるまだ大丈夫なんですが、悪化すると両方の鼻が同時に詰まるという状態で苦しく、ストレスがたまっていました。そんなときに薩摩なた豆爽風茶のことを知って購入しました。飲み始めて3ヶ月ほどで鼻の通りが良くなってきました。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ6

鼻がつまるので、鼻呼吸ができず、寝ているときも口呼吸でした。口呼吸だと口の中が乾燥して、よく喉が痛くなっていました。一度は手術をしたのですが、一時的には良くなったけど再発しました。蓄膿症によいというので、薩摩なた豆爽風茶を飲んでみることにしました。毎日1リットルは「爽風茶」を飲んでいます。続けてくにつれ、いつのまにか鼻が詰まらなくなり、鼻が気持ちよく通るようになり、鼻水が出ることもなくなりました。「薩摩なた豆爽風茶」を知ってよかったです。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ7

蓄膿症と花粉症ダブルで本当につらかったです。ダブルで鼻はもうめちゃくちゃです。テレビで見た「薩摩なた豆爽風茶」が良さそうに感じ、試してみたらすぐには良くならなかったので、「やっぱりこんなものか」と思っていましたが、定期便を購入してしまったので3ヵ月は届きます。仕方ないので飲んでいると、定期便が終わる2ヶ月目後半から、なんとなく鼻の調子が良いことに気づきました。「あれ?もしかして効いているのかな?」と思い継続することにしました。もう半年くらい飲んでいますが調子がいいです。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ8

薩摩なた豆爽風茶を定期便で購入していたからこそ継続できました。最初の1ヵ月は何の効果も感じなかったのですが、3ヶ月目の半ばあたりから、鼻が通るようになりました。最初でやめずによかったです。定期便だったから良かったのかも知れません。あのときやめていたらまだ鼻づまりでイライラしていたと思います。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ9

うちで飼っている犬が蓄膿になり、薩摩なた豆爽風茶を購入しました。今までは抗生剤で鼻水を止めていたのですがこのままだと抗体ができてしまうので何とかならないかと思い調べて薩摩なた豆爽風茶にたどり着きました。美味しそうに飲んでいます。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ10

アレルギー性鼻炎の息子のために薩摩なた豆爽風茶を定期購入しています。薬を継続的に飲ませるのが不安なので、薬を減らして薩摩なた豆爽風茶を飲ませています。飲ませているうちに鼻を触らなくなったし、鼻水もでない、鼻をかゆがることもなくなり、夜も鼻呼吸でスースー寝ているので、効いているのだと思います。最近薩摩なた豆爽風茶を買い忘れて、普通の麦茶にして一週間ほどたったときに、また息子の鼻の調子が悪くなったので、やっぱり薩摩なた豆爽風茶は効いていたんだ!と改めて感じました。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ11

急性の副鼻腔炎で耳鼻科に通院し、抗生物質を出してもらいましたがなかなか治りませんでした。常に膿のような鼻水が出まくる状態と毎日頭が割れるような酷い頭痛にストレスがたまっていました。そんなとき、知人から、赤なたまめ茶がいいらしいよ、と聞き、評判のよさそうな薩摩なた豆爽風茶を購入しました。正直、本当に効くのかな…と半信半疑な気持ちでしたが、ダメ元で飲んでみました。飲み始めてから2~3日目あたりから鼻の膿が出やすくなり、とにかく膿を出して、2週間目には嘘のように完治してしまい、抗生物質も必要なくなりました。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ12

急性副鼻腔炎が悪化して後鼻漏になってしまいました。鼻水が喉に落ちて来てなかなかスッキリしないので気持ち悪く、薩摩なた豆爽風茶を試すことにしました。なた豆茶の中でも人気ということで選びました。初めは他社の赤なたまめ茶を試しました。そちらの方は味は好みだったのですが、はっきり効いているかどうか分からず薩摩なた豆爽風茶に切り替えました。

薩摩なた豆爽風茶の口コミ13

副鼻腔炎で毎日しんどかったのですが、あるとき上司からなた豆茶の事を教えてもらいました。薩摩なた豆爽風茶を飲み始めてから、毎晩眠れないほど咳や鼻水が出ていたのが気にならなくなりました。まだ頭痛や鼻水はありますが、続けてみようと思います。薩摩なた豆爽風茶はお値段が高いですが、買ってよかったと思います。。



⇒ 薩摩なた豆爽風茶について詳しくはこちら

薩摩なた豆爽風茶の効果効能

漢方としても使われてきた「なた豆」に含まれる成分のうち、代表的な

  • カナバニン
  • コンカナバリンA
  • ウレアーゼ
  • サポニン

について、その成分によってもたらされる効果・効能をまとめました。

カナバニン

なた豆茶に含まれる代表的な成分が「カナバニン」です。

アミノ酸の一種です。

膿を排出する効果

「膿とりの妙薬」と言われるほど、膿を排出する効果に優れています。

「膿」は、副鼻腔炎(蓄膿症)、歯槽膿漏、ニキビ、痔瘻(じろう)などの原因となります。

そのため古くから、「膿が溜まる」病気であるこれらの症状に対して刀豆が利用されてきました。

蓄膿症とは、体の空洞に膿が溜まる症状。なた豆にはアミノ酸の一種であるカナバニンが含まれており、膿を排出したり炎症を抑えてくれます。

抗炎症効果

カナバニンには「抗炎症効果」があります。

蓄膿症(副鼻腔炎)、鼻炎、腎炎による炎症に有効です。

蓄膿症に有効であることからもわかるように、なた豆には慢性鼻炎などの炎症を抑えてくれます。

ある研究では、カナバニンという炎症を抑える成分が、なた豆には含まれていることがわかっており、これによってくしゃみ、鼻水、鼻詰まりといった症状を抑えてくれることが示されています。

その他にも、炎症性疾患と呼ばれる

アレルギー、リウマチ、痛風などの病気にも有効と言われています。

血行改善効果

カナバニンには「血行を良くする」作用があります。

なた豆には「サポニン」という成分も含まれており、サポニンには血行を改善する効果があります。

血行が良くなると、身体の新陳代謝が活性化される(細胞の生まれ変わりがしっかり行われる)ため、肌の調子がよくなる、内臓の機能が向上するなどの効果がもたらされます。

血行不良は「むくみ」の原因にもなるので、ダイエットしたい人にもおすすめです。

血液浄化作用

カナバニンには「血液の浄化作用」があります。

「血液の汚れが万病のもと」とい言われるくらい“血液の汚れ” は病気と関係しています。

コレステロールや中性脂肪値の高い血液は「生活習慣病」を引き起こす原因となります。

副鼻腔炎や蓄膿症の原因にもなる「アレルギー性鼻炎(花粉症)」も代表的な免疫異常です。

血液の浄化は間接的に副鼻腔炎や蓄膿症の改善につながります。

コンカナバリンA

コンカナバリンAはなた豆にしか含まれない成分であり、多くの薬効があります。

免疫改善作用

副鼻腔炎や蓄膿症は花粉症などのアレルギー性鼻炎が原因の1つとなっています。

免疫機能を調整するということは、花粉症や喘息といった「アレルギー疾患」の改善にも役立ち、風邪ウイルスなどへの抵抗力を強めます。

腎機能の改善

コンカナバリンAには腎機能を改善する働きがあります。

腎臓の機能を測定する際に「クレアチニン」と呼ばれる血中の酵素量を測る方法があるのですが、この値を改善することが確認されています。

腎機能を整えると身体の水分代謝が良くなるので、むくみが改善され、ダイエットにも効果的。

ウレアーゼ

なた豆にはウレアーゼという成分も含まれていて、腎臓の機能向上に有効です。

体内の尿素を「アンモニアと二酸化炭素」に分解する働きがあり、これが腎機能の活性化します。

ウレアーゼの豊富ななた豆は、腎機能を改善する可能性があると考えられます。

そもそも膿は白血球などの死骸で体内の老廃物のひとつですが、腎臓はその老廃物をろ過する器官です。

したがって、膿取り効果で伝えられるなた豆が、腎臓病にも効果があるということです。

腎機能が低下してしまうと

  • むくみ
  • 関節痛
  • 血圧の上昇

などを引き起こしますが、なた豆のウレアーゼを摂取することによって、これらの改善にも有効です。

サポニン

なた豆には「サポニン」が含まれています。

サポニンには、食事による脂肪吸収を遅らせる、吸収された糖質が脂肪へ変えられないように抑制する、血流を改善する、という働きがあります。

そのため、このサポニンが豊富に含まれているなた豆には、ダイエットにも良さそうです。

サポニンの効果としてはその他にも

  • コレステロール値を下げる
  • 免疫力の向上
  • 肝機能の向上
  • 咳や痰を鎮める

などの効能が確認されています。

なた豆にはこれら成分の他にも

  • 食物繊維
  • 亜鉛
  • カルシウム
  • カリウム
  • ポリフェノール
  • アミラーゼ

などが含まれており、さまざまな健康効果をもたらしてくれます。

⇒ 薩摩なた豆爽風茶について詳しくはこちら

たくさんある「なた豆茶」の中で薩摩なた豆 爽風茶(そうふうちゃ)をおすすめする理由

薩摩なた豆爽風茶より安いなた豆茶はあります。どれも国産のなた豆を使っています。

それにも関わらず、薩摩なた豆 爽風茶をおすすめする理由は次の通りです。

  1. 薩摩産のなた豆を使用
  2. なた豆以外の配合成分が魅力的
  3. 良好な口コミが多い

薩摩産のなた豆を使用

なた豆の原産国は熱帯アジアや熱帯アフリカなどです。

日本では鹿児島県で栽培が盛んで、鹿児島県産のなた豆は品質が高いと言われています。

なた豆が日本に伝えられたのは江戸時代ということですが、その当時から薩摩(今の鹿児島県)ではなた豆の栽培がおこなわれていました。

日本での生育地域を考えても、栽培の歴史を考えても、薩摩産のなた豆は高品質なのです。

なた豆以外の配合成分が魅力的

原材料がなた豆のみのお茶でも十分効果はありますが、毎日飲むものだから、その他の健康成分も配合されていたほうがお得に感じてしまいます。

薩摩なた豆爽風茶は、薩摩なた豆全草・黒豆・鳩麦・薩摩くず草・赤芽柏・クマ笹・桑の葉も原材料にしています。

黒豆

黒豆に含まれる「アントシアニン」は、抗酸化作用を持ち体内の活性酸素除去してくれます。

その他にも黒豆にはさまざまな栄養素がバランスよく含まれた、健康食材です。

黒豆には驚くほどさまざまな有効成分が含まれています。

  • アントシアニン・・・抗酸化作用、目の健康
  • イソフラボン・・・細胞のガン化抑制、骨粗しょう症の軽減、更年期障害の軽減
  • サポニン・・・抗酸化作用、ガン増殖抑制
  • ビタミンB1・・・皮膚や粘膜の健康サポート
  • ビタミンB2・・・糖の代謝促進
  • ビタミンE・・・抗酸化作用、老化防止
  • レシチン・・・中性脂肪を減らす、脂肪肝の改善、細胞の活性化
  • α-リノレン酸・・・血圧低下作用、血流促進、免疫機能の活性化
  • オレイン酸・・・悪玉コレステロールの除去、胃酸分泌のコントロール
  • オリゴ糖・・・ビフィズス菌増殖作用、胃の粘膜保護
  • 食物繊維・・・整腸作用、大腸ガン抑制

 

薩摩なた豆爽風茶はこれらの成分を含む黒豆の効果も期待できるのです。

鳩麦

鳩麦は “穀物の王様”とも言われるほど栄養価の高い植物です。タンパク質は精米の2倍以上、食物繊維もおよそ8倍で、ビタミンB1・B2、カルシウム、鉄、脂質も多く含みます。

鳩麦には次のような効果が期待できます。

美肌

鳩麦は肌を美しくする効果が期待できます。シミ、ソバカス、肌荒れ、アトピーの改善に有効と言われています。

デトックス

余分な水分、老廃物などを体外に排出するサポートをします。

抗アレルギー

花粉症などアレルギーの予防・軽減に有効と考えられています。

胃の健康

体内の水分量を適切に保つことで胃の負担を軽くします。

生活習慣病の予防

脂肪代謝を促すので、生活習慣病の予防・改善に有効です。

赤芽柏

芽が赤いため「アカメ」と呼び、カシワの葉のように食べ物を包んだことから「アカメガシワ」と呼ばれます。

樹皮のエキスは「マロゲン」という潰瘍治療薬に使用されます。

アカメガシワは、古くから生薬として使われていました。

樹皮に含まれるベルゲニンという成分が、胃潰瘍や胃酸過多、胃炎に有効と考えられています。

また、最近は過敏性腸症候群に対する研究もされており、注目されています。

クマ笹

クマ笹は緑の血液と呼ばれるほど血液浄化作用が高く、ガンの予防が期待されています。

アラビノキシランという成分が免疫力をアップすることで、アトピーの改善、老化防止、自律神経系の病気改善などに悩む人におすすめ。

さらに口臭・体臭予防の働きもあると言われています。

桑の葉

桑の葉にはビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、亜鉛、鉄分、マグネシウム、カルシウム、食物繊維、各種フラボノイド、カロテン、γアミノ酪酸などが含まれています。

なかでも日本人に不足しがちなカルシウムは小松菜の1.5倍、鉄は小松菜の15倍、カロテンはほうれん草の10倍も含まれています。

桑の葉にはDNJという成分には血糖値抑制効果があります。

食事から摂った糖質は小腸壁でαグルコシダーゼという酵素の働きによって体内に吸収されるのですが、桑の葉のDNJはαグルコシダーゼの働きを阻害するため、ブドウ糖の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

DNJは小腸までやってきた二糖類と結合し、ゆっくりと吸収されます。

その働きにより、食後の血糖値の急上昇が抑えられ、血糖値の急上昇を防止できます。

その他、桑の葉にはフラボノイド類や食物繊維が含まれているので、コレステロール値や中性脂肪値を下げ、悪玉コレステロールが活性酸素により酸化されるのを防ぎ、血管系の疾患である動脈硬化にも有効です。

さらに桑の葉に含まれているγアミノ酪酸(GABA)には血圧の上昇を防ぐ働きがあります。

薩摩なた豆爽風茶を最安値で安全に購入するには楽天?アマゾン?

薩摩なた豆爽風茶を最安値で購入したいと考えているあなたに、薩摩なた豆爽風茶を最もお得に、そして安全に購入する方法をお伝えします。

結論から言うと、薩摩なた豆爽風茶を最安値で購入できるのは公式サイトです。

薩摩なた豆爽風茶の公式サイト価格

3,672円

薩摩なた豆爽風茶の楽天価格

3,672円

薩摩なた豆爽風茶のアマゾン価格

取り扱いなし

薩摩なた豆爽風茶のヤフーショッピング価格

3,672円

 

薩摩なた豆爽風茶は定期購入がお得

薩摩なた豆爽風茶はアマゾンでは販売されていません。楽天では販売しているショップがあり、価格は公式サイトと同じです。

しかし、公式サイトで購入すると、初回は半額の1,836円となる上、薩摩なた豆爽風茶のミニパック(7包)とタンブラーをプレゼントしてもらえます。

定期購入の場合、最低4回の購入が条件になるのが難点ですが、薩摩なた豆爽風茶は薬ではありませんので、ある程度の期間継続してこそ効果を実感できるものです。

1ヵ月や2ヵ月でやめてしまってはもったいないので、定期購入で続けるのがよさそうです。

鼻づまり、副鼻腔炎など、鼻の不快感を何とかしたいなら、薩摩なた豆爽風茶を試してみては?

薩摩なた豆爽風茶を最安値で安全に購入するには公式サイトがおすすめ

薩摩なた豆爽風茶は返品できる?

薩摩なた豆爽風茶は密封されたパッケージを更に梱包された状態でメーカーより送られてきますが、商品に不備が見られる場合には送料はメーカー負担で返品することができます。

ただし、購入者側の都合による返品の場合、送料は自分負担です。

返品・交換は商品が届いてから8日以内。

返品・交換の相談はお客様相談窓口に連絡を入れましょう。

薩摩なた豆爽風茶の相談窓口 0120-40-1645

時間帯:9:00~19:00(祝日・日曜日は休み)

 

薩摩なた豆爽風茶は在庫がある場合、注文してから約1週間で届きます。

注文直後であれば送付前に間に合えば、そのままキャンセルすることも可能です。電話で問い合わせてみましょう。

薩摩なた豆爽風茶の販売店舗

薩摩なた豆爽風茶はドラッグストア・デパートでも買うことができます。

しかし公式サイトで購入したほうが価格が安く、初回半額で購入できるのでオススメです。

薩摩なた豆爽風茶を最安値で安全に購入するには公式サイトがおすすめ

薩摩なた豆爽風茶は副鼻腔炎に効く?

薩摩なた豆爽風茶は副鼻腔炎にも有効だったという口コミが見られます。

副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎とは、副鼻腔の粘膜に細菌やウイルスが感染することなどによって炎症が起こり、鼻づまりや鼻水、咳、頭痛などを引き起こす病気です。

1960年代までは非常に多くみられる病気でしたが、生活環境や食環境、医療環境の変化により、1970年代以降、副鼻腔炎は減ってきているのですが、いまだに悩む人が多いのも事実です。

副鼻腔炎の種類

急性副鼻腔炎

細菌やウイルス感染などによって副鼻腔に起こる急性の炎症で、通常は1~2週間で治ります。頭痛や顔面痛などの急性炎症症状が起こります。

慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎が長引いたり、繰り返したりすることによって3ヵ月以上症状が続いているもので、一般的に「蓄膿症」と言われる病気です。

炎症が長引くと、副鼻腔の分泌液の量が増えたり、その粘度が高くなったりして、さらに慢性副鼻腔炎の状態が悪化します。

引き起こされる症状は鼻づまりや鼻水、頭痛などいろいろあります。

副鼻腔炎の原因

急性副鼻腔炎の多くは、風邪などで、ウイルスや細菌が鼻腔に感染して炎症を起こし、それが副鼻腔にまで及ぶことが原因で起こります。

炎症のために副鼻腔と鼻腔がつながっている部分が炎症を起こし、副鼻腔内の分泌物や膿などが排出できなくなって炎症が長引いたり、さらに風邪を繰り返し、細菌感染が繰り返されることによって、症状が3ヵ月以上続くと慢性副鼻腔炎と診断されます。

鼻の炎症だけでなく、咽頭炎や扁桃炎などののどの炎症、真菌(しんきん)(=かび)、虫歯なども副鼻腔炎の原因となることがあります。

また、細菌感染のないアレルギー性鼻炎や気管支喘息、アスピリン喘息などのアレルギーによって引き起こされるケースもあります。

両親が副鼻腔炎の場合は、子供も副鼻腔炎になることが多いという研究結果もあり、遺伝的な原因もあると考えられています。

慢性副鼻腔炎になると、頭重感や集中できないといった症状が起こり、日常生活にストレスが生じます。

また、副鼻腔炎を放置することによって、中耳炎などの他の病気を引き起こすリスクも高まります。

鼻水や鼻づまりなどの症状が長引いている時は、放置せずに、きちんと受診し、完全に治るまでしっかりと治療を受けることが大切です。

軽度であれば、薩摩なた豆爽風茶を継続的に飲むことで、症状の改善も期待できますよ。

薩摩なた豆爽風茶を最安値で安全に購入するには公式サイト