膝や腰の関節の痛みに悩まされている人の間で口コミで人気が広がっているのがタマゴサミンです。

ここでは、タマゴサミンは本当に効果があるのか、口コミや成分からチェックしてみます。

気になる副作用や健康被害について、またタマゴサミンを最安値で購入するには楽天がいいのか、アマゾンがいいのかということについてもまとめています。

タマゴサミン購入前の参考にしていただけたら嬉しいです。

⇒ タマゴサミンについて詳しくはこちら

タマゴサミンの口コミ

タマゴサミンを実際に利用している人がどんな体験をしているのか、口コミを集めてみました。

いくら人気があるといっても、すべての人が効果を感じているわけではありません。しかし、だいたい好評価が多いような気がしました。

タマゴサミンの口コミ1

最近、階段の登り降りに苦労するようになりました。ヒザの曲げ伸ばしが苦しいので、ちょっとした段差も一苦労でした。そんな時に、タマゴサミンのことを教えてもらいました。今までも様々な関節痛サプリメントを利用して来たのですが、効果を感じたものはありませんでした。半分諦めていたのですが、タマゴサミンを飲み始めると少しずつ膝の痛みが軽くなっていきました。階段の登り降りも出来るようになりました。最近では、以前趣味としていたグラウンドゴルフを楽しんでいます。

タマゴサミンの口コミ2

盆栽が趣味なのですが、膝を曲げるのがしんどくて、毎日の楽しみも半減してました。もうやめないとダメかな、と思っていたのですが、タマゴサミンを飲み始めて1ヶ月位で、膝が楽に曲がるのようになったのです。タマゴサミンを2ヶ月飲み続けると痛みも消えてきて、盆栽も楽しめるようになりました!

タマゴサミンの口コミ3

5年ほど前に股関節痛になり、グルコサミンサプリをいろいろと試しましたがよくなりませんでした。タマゴサミンも半信半疑でしたが、飲んでみてあんなに痛くてどうにもならなかった股関節痛が軽くなりました。普通に生活ができるまでになりました。自分でも驚いています。最後にタマゴサミンを試してみてよかったです。

タマゴサミンの口コミ4

時々股関節が痛む時にタマゴサミンを飲むとやっぱり効きます。タマゴサミンは私の体質に合っていたようです。定期購入にして、継続的に毎日飲むようにしようと思っています。

タマゴサミンの口コミ5

50歳近くになり、ひざの関節が痛くて、階段の上り下りが苦痛になってきました。友達に、タマゴサミンを飲むと楽になると教えてもらって飲み始めました。タマゴサミンを飲み始めて2か月を過ぎた頃から、階段が楽に昇れるようになり、休んでいたウォーキングも
できるようになりました。タマゴサミンを飲むようになり、日常生活は不自由することがなくなりました。

タマゴサミンの口コミ6

膝・腰・背中・肩に慢性的な痛みがあり、朝、起き上がるのが大変でした。それがタマゴサミンを飲み始めてしばらくしてからは、日常に感じる痛みも、朝起きる時に起こる痛みも軽減されました。半信半疑で主人と飲み始めてみましたが、最初は効果がよくわかりませんでした。しかし飲み始めて2ヵ月が経つ頃に、そういえば体の痛みがなくなってきたことを実感し始めました。

タマゴサミンの口コミ7

主人が四十肩になり、症状緩和、完治を目指し、様々なグルコサミンサプリを試しました。しかし効果を感じるものはありませんでした。タマゴサミンを試したところ、他社さんの物を摂取していた時より効果を感じたようです。四十肩が完治するまで愛用したいと思っているようです。

タマゴサミンの口コミ8

サプリは薬と違って即効性があるものではないと思っていますので、タマゴサミンも今のところに変化はありませんが、冬場の関節痛は少し軽くなった気がします。タマゴサミンの品質はすごくよさそうなので、続けてみようと思っています。肌につやが出たのもタマゴサミンのおかげでしょうか。

タマゴサミンの口コミ9

身体の節々が痛くて、タマゴサミンを購入しました。しかし、3ヶ月たっても特に大きな変化はありません。私には効果がないのかもしれません。残念ですが、タマゴサミンの定期購入は解約しようと思います。他のサプリメントを試してみます。

タマゴサミンの口コミ10

指の関節が痛くなったときに、娘からタマゴサミンをプレゼントされて、2か月ほど飲んでおりましたが、あまりはっきりとした効果を感じなかったように思います。もう少し続ければ効果が出たのでしょうか。値段がちょっと高いので、自分で続けるのはどうしようかと思っています。

⇒ タマゴサミンについて詳しくはこちら

タマゴサミンの成分

N-アセチルグルコサミン、卵殻膜粉末、サメ軟骨抽出物、卵黄ペプチド、鶏軟骨抽出物、鶏コラーゲンペプチド、結晶セルロース(増粘安定剤)、ショ糖脂肪酸エステル(乳化剤)、微粒酸化ケイ素(製造用剤)、ビタミンC、光沢剤、グァーガム(増粘安定剤)、葉酸(原材料の一部に卵、鶏、えび、かに、ゼラチンを含む)

 

栄養成分一覧(3粒 900mgあたり)

エネルギー 3.5kcal、たんぱく質 0.35g、脂質 0.025g、炭水化物 0.47g、ナトリウム 4.5mg、卵黄ペプチド(iHA) 50mg、卵殻膜 100mg、N-アセチルグルコサミン400mg、鮫軟骨抽出物 85mg(コンドロイチン硫酸70%含有)

 

タマゴサミンに副作用や健康被害はある?

タマゴサミンはサプリメントなので基本的には副作用の可能性は極めて低いでしょう。

実際、これまでのところ、タマゴサミンで副作用や健康被害が発生したという報告はなされていません。

ただし、アレルギーを持っている人は注意が必要です。

卵アレルギー

卵由来の成分で作られたアイハ(IHA)が含まれています

エビアレルギー

グルコサミンの原料に甲殻類が使われています

かにアレルギー

グルコサミンの原料に甲殻類が使われています

購入後の返品は商品到着後、8日以内で未開封のものに限り返品、交換に対応してもらえるようです。

電話で相談してみましょう。ただし、返品の場合の返送料、手数料、返金手数料などは自分負担となります。

⇒ タマゴサミンについて詳しくはこちら

タマゴサミンの効果を生み出す成分

アイハ(iHA)|タマゴサミンの成分

iHAは、ヒアルロン酸またはグルコサミンなどの成分と一緒に配合された形で、サプリメントとして販売されています。

iHAを経口摂取したヒト臨床試験では、自己評価・医師による客観的評価双方のアンケート結果において、関節痛の痛みの緩和が確認されています。

コンドロイチン|タマゴサミンの成分

コンドロイチンは私たちの体の軟骨、目の角膜、骨、各臓器、皮膚などに存在して、保水性や弾力性を与えたり、栄養分の消化・吸収・代謝を促進する役割を持っています。

しかし、体内で生成されるコンドロイチンの量が加齢とともに減少することが分かっています。

栄養素としては、グルコサミンと同時に摂ることにより、相乗効果があるでしょう。

コンドロイチンの性質と役割

コンドロイチンは、ムコ多糖体と呼ばれる粘々した粘性物質でプロテオグリカンという名の成分のひとつです。

食物繊維の仲間でもあり、加熱すると固まるという特性があります。

ムコ多糖体とは、細胞や繊維、器官といった体内を構成する要素の間を結び、コラーゲンとともに、それらを保護、栄養補給する成分です。

細胞が正常に機能するように組織に保湿性と弾力性を与え、栄養分の消化・吸収・代謝に関与するなど、大きな役割を持っています。

コンドロイチンは、もともと人間の体にある成分です。

成長期には体内で生成されますが、年齢を重ねるとともに、合成能力が低下し、中高年になると、必要量のわずか20分の1程度しか生成されません。

コンドロイチンは、関節の軟骨(60~80%が水分)に特に多く存在します。

その他、繊維状たんぱく質のコラーゲン、たんぱく質、糖分が主成分です。

コンドロイチンが不足すると、軟骨はその弾力性、保水性を失い、関節の軟骨がすり減って関節痛や腰痛、五十肩などになったり、肌のハリや弾力が失われ、しわが発生する原因にもなります。

また、コンドロイチンには抗炎症作用、脂質代謝改善作用、抗動脈硬化作用などがあることがわかっています。

老化予防や健康維持のために、コンドロイチンを配合したサプリが開発されています。

原料としては、主にサメや牛の軟骨から抽出された成分が多いです。

ごく稀に豚やサケの軟骨を原料としたものがあります。

目の角膜や水晶体にも働きかけ、透明感や弾力性を保つため、人工涙液として点眼液にも使われています。また、高級化粧品にも配合されることがあります。

グルコサミンとの相乗効果

人間は200本以上の骨が、組み合わさって構成されています。

骨と骨の連結部分には軟骨があり、軟骨は、関節を動かした時に骨と骨があたってこすれることによる痛みを発生させない役割があります。

しかし、加齢とともに軟骨の弾力性が失われると、骨同士がこすれるようになってしまい、痛みが発生します。

コンドロイチンとグルコサミンは、軟骨に働きかけます。

コンドロイチンはグルコサミンと同時に摂取することでより効果が高まります。

グルコサミンは体内の軟骨細胞で、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種で、コンドロイチンは水分を吸収します。

グルコサミンは軟骨をつくる材料になる成分です。

グルコサミンは、細胞や組織を結合したり、軟骨を再生したりする働きを担っていて、軟骨や腱などに広く存在します。

したがって、保水力の高いコンドロイチンと一緒に摂ることで、さらに効果を発揮すると考えられます。

グルコサミンも、コンドロイチンと同じように、体内で生成されますが、加齢とともにその生成量は減少します。

コンドロイチンの保水力

人間の体の60%は水分でできています。

新生児は、80%以上が水分です。

子どもが70%台で、年齢を重ねるにつれて徐々に体内の水分量が減少していきます。

70歳~80歳になると、個人差はありますが、40%台まで水分量が減ってしまいます。

また、細胞にも水分はたっぷり含まれています。

細胞はたんぱく質、糖質、脂質などの様々な成分が複雑な構造で組み合わされていますが、これらを結びつけているのが水なのです。

水分がなくなると、十分に栄養を取り込めなくなり、体が正常に機能しなくなります。

その結果、老化現象や様々な病気を引き起こしてしまうのです。

関節痛を改善する

軟骨は骨と骨の連結部にあたる関節部分にあり、やわらかい骨で覆われています。

しかし、加齢のためにコンドロイチンが減少すると、軟骨同士が直接触れ合うようになってしまい、軟骨は次第にすり減っていきます。

軟骨がすり減るにつれて、骨同士が直接ぶつかり、その結果、関節痛や変形性膝関節症などが引き起こされます。

そのような症状を改善するのがコンドロイチンです。

コンドロイチンは、すり減った軟骨に水分を蓄えて、弾力性を与え、傷ついた軟骨を修復し再生させる効果があります。

そのため関節痛、変形性膝関節症、腰痛、神経痛、肩こり、リウマチなどの改善が期待されます。

高血圧・動脈硬化を予防する効果、腎疾患を改善

コンドロイチンには、血液中のコレステロールや過酸化脂質を除去する作用があり、動脈硬化や高血圧を予防します。

体内の結合組織の構成を正常にすることで、腎疾患を改善する働きもあります。

骨粗しょう症を予防・改善する

コンドロイチンは、カルシウムの代謝に関係し、骨の成長や骨折の回復を助けます。

骨粗しょう症の予防と改善に効果があります。

美肌効果、髪や爪に対する効果、アンチエイジング効果

コンドロイチンは高い保水力があります。したがって、皮膚の保水性を向上させ、肌を若返らせます。

肌にハリ、ツヤ、弾力を与えます。艶やかな肌を取り戻し、若々しさを保つアンチエイジング効果が期待されます。

目の健康

コンドロイチンは涙に近い成分であり、ドライアイ対策の目薬によく配合されています。

また白内障手術後の眼圧上昇を抑制する働きも報告されており、目に良い影響を与える成分です。

Ⅱ型コラーゲン|タマゴサミンの成分

II型コラーゲンとは

肌のハリや弾力を維持することで知られるコラーゲンですが、実はコラーゲンは肌だけではなく、血管や腱、軟骨などにも存在しており、私たちの体にとってなくてはならない重要な成分のひとつです。

コラーゲンには、I型、II型、III型など、20種類以上の型があり、体の部位により存在するコラーゲンの量が異なります。

20種類以上あるコラーゲンの中で軟骨に多く存在するのがII型コラーゲンです。

関節軟骨はそのおよそ60~80%が水分ですが、水分をのぞいた大部分はII型コラーゲンで構成されています。

II型コラーゲンを増やすと関節痛緩和につながる

関節に痛みが起こる原因のひとつは、骨と骨の間でクッションの役割をする関節軟骨が摩擦によってすり減ってしまうことです。

関節軟骨の重要な構成成分であるII型コラーゲンを増やし、すり減った関節軟骨を再生させることで、関節痛を緩和できるのです。

関節痛の軽減に役立つとされる II型コラーゲンですが、一般的に食品やサプリメントからコラーゲンを摂ろうとしても、その抽出の過程や熱を加える間に変性してしまい、もともとの構造が壊れてしまいます。

このようなコラーゲンは「変性コラーゲン」と呼ばれますが、このように変性してしまったII型コラーゲンは体内でII型コラーゲンとは認識されず、効果を発揮しません。

体内で分子構造を変えずに働く非変性コラーゲンがII型コラーゲンです。

これは、鶏の胸部軟骨などを原料に、化学処理や高熱加工を行わない特殊技術によって抽出されたコラーゲンです。

人間の軟骨内に存在するII型コラーゲンに近い形のまま体に認識されます。

関節リウマチへの効果

「関節リウマチ」とは、関節に炎症が続いて痛みや腫れが起こり、骨や軟骨が破壊されてしまう病気です。

関節リウマチの原因は、まだ明らかにされていませんが、なんらかの理由で体の免疫システムが異常を起こし、関節軟骨中にあるII型コラーゲンを異物とみなして攻撃してしまうことで、関節に炎症が起きるという説が有力です。

関節リウマチを抜本的に改善するには、免疫システムを正常に戻し、関節軟骨中のII型コラーゲンへの攻撃を止める必要があります。

非変性II型コラーゲンを持続的に摂取し続けることが改善につながります。

これは非変性II型コラーゲンが持つ「エピトープ」という活性結合部位による効果です。

エピトープを持ったII型コラーゲンが継続的に腸管に届くことによって、免疫システムは「II型コラーゲンは異物ではなく栄養である」と再認識できるようになります。

その結果、関節軟骨中のII型コラーゲンへの攻撃が減り、関節リウマチを改善してくれるのです。

Nアセチルグルコサミン|タマゴサミンの成分

N-アセチルグルコサミンは、体内の関節などに存在する成分と同じ天然型成分です。

N-アセチルグルコサミンは、関節やお肌にあるヒアルロン酸の材料になります。

ヒアルロン酸は肌のうるおいを保ち、関節ではクッションのように働き各部を保護する役割があります。

一般のサプリメントなどに使われている通常のグルコサミンは、N-アセチルグルコサミンではありません。

通常のグルコサミンはグルコサミン塩酸塩またはグルコサミン硫酸塩といい、酸分解して抽出した成分なので、天然にはほとんど存在しない物質です。

N-アセチルグルコサミンは、天然のカタチを壊さないようじっくりと丁寧に時間をかけて酵素分解して抽出した“天然型グルコサミン”です。

カラダのうるおいやクッションの役割を担うヒアルロン酸は、若いうちは体内に十分存在していますが、年齢とともに減少してしまい、60歳になると20歳のころの半分、80歳では4分の1に減ると言われています。

しかし、外からヒアルロン酸を摂取しても分子が大きいため、そのままでは吸収されにくいのです。

ヒアルロン酸の主成分のN-アセチルグルコサミンは、ヒアルロン酸の400~3000分の1の大きさで体内へ吸収されやすく、ヒアルロン酸の生成を促進します。

N-アセチルグルコサミンは、身近な食品では牛乳にも含まれていますが、100ml当たり11mgと微量であり、牛乳だけでは1日の摂取目安量500mgを摂取するのは不可能です。

そのため、N-アセチルグルコサミン含有食品やタマゴサミンなどのサプリメントを利用するのが便利です。

食品やサプリメントなどで経口摂取した、N-アセチルグルコサミンや通常のグルコサミン、ヒアルロン酸は、それぞれ体内で吸収され、その後、ひざ関節軟骨、肌、眼球などの体内組織に運ばれて利用されます。

N-アセチルグルコサミンはカラダの中の成分と同じ天然成分なので、利用される割合は通常のグルコサミンよりも約3倍も高く、同じ量を摂取した場合、N-アセチルグルコサミンの方が効果的です。

N-アセチルグルコサミンと通常のグルコサミン・ヒアルロン酸との違い

N-アセチルグルコサミンは、もともと体内に存在するものと同じで摂取後にそのまま利用することができるため、利用される割合が高く、通常のグルコサミンは、体内で吸収された後、N-アセチルグルコサミンに変換しなければならないため、利用される割合が低いという違いがあります。

ヒアルロン酸は分子が大きいため、そのままでは吸収されにくいのです。

吸収するには一旦、N-アセチルグルコサミンの形に分解されなければならないため、利用される割合が低くなってしまいます。

N-アセチルグルコサミンは人間の体の中にも存在する重要な糖質成分であり、関節部分の関節液や軟骨、そして皮膚、目、脳などに多く含まれており、細胞と細胞をつなぐ働きもあります。

N-アセチルグルコサミンにはさまざまな生理機能がありますが、とくに注目されているのが「変形性ひざ関節症」の痛みを和らげる効果です。

N-アセチルグルコサミンは関節液のヒアルロン酸の成分でもあり、軟骨の摩耗を防ぎ、円滑に関節を動かすことに貢献します。

通常は年を取ると軟骨や関節液を作り出す能力が低下し、生合成のスピードが分解に追いつかなくなってしまうのです。

そのため食品などからN-アセチルグルコサミンを積極的に摂取することが理想です。

30歳代~60歳代の2人に1人は、ひざに痛みや違和感を感じているというデータがあります。

国内の成人男女800人(30歳代~60歳代)を対象に「ひざの痛みに関する意識調査」を行ったデータがありますが、ひざに痛みや違和感を訴える方が全体の半数以上、56.1%もいることがわかりました。

また、女性は男性よりも1.2倍、痛みを感じる人が多く、さらに肥満度の高い方ほどひざを痛めている方が多いという結果となりました。

ひざの痛みの多くは、加齢や酷使による軟骨の劣化が原因。軟骨成分である、N-アセチルグルコサミンを効率的に補給することが大切です。

N-アセチルグルコサミンは軟骨成分

正常なひざと軟骨がすり減ったひざ関節の軟骨には、体重圧と運動による摩擦から骨を保護する働きがあります。

軟骨は水分をたっぷりと含んだスポンジのようなもので、骨と骨を結ぶクッションの役割を持っています。

この軟骨は、コンドロイチンやヒアルロン酸といった、N-アセチルグルコサミンを主成分とする多糖類と、コラーゲンのタンパク繊維で構成されています。

N-アセチルグルコサミンは、ヒアルロン酸やコンドロイチンの生成を促進します。

変形性ひざ関節症に対する治療効果

変形性ひざ関節症患者を2つのグループに分け、それぞれN-アセチルグルコサミン500mg含有、0mg(プラセボ)含有した乳飲料(125ml)を8週間 摂取してもらいました。

実験の結果は、摂取開始直前、4週間後、8週間後の経過を調べた結果、N-アセチルグルコサミン含有乳飲料を摂取した群は、投与開始4週間後より改善効果が確認され、投与後8週間後は更に改善度が高まることが確認されました。

卵黄の効果効能

タマゴサミンは、たまごから発見した新成分iHAがメインの成分ですが、卵には本当に多くの効果効能があります。

卵は必須アミノ酸をはじめとする良質なたんぱく質を含む食品ですが、特に卵黄には、カルシウムや鉄などのミネラルのほか、ビタミンAやDなどのビタミンが豊富に含まれています。

ほかにもアラキドン酸、ゼアキサンチン、トコフェロール、ビオチン、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、葉酸等が豊富に含まれています。

これらの成分は、免疫力を高めたり、脚気を防止したり、貧血を防止したりとさまざまな効果があります。

卵黄の有効成分は「レシチン」

卵黄に含まれる成分の中でも、特に注目を集めているのがレシチンです。レシチンは、人間の細胞膜の主成分でもあるため、細胞の生成・維持をサポートしています。

レシチンを中心に、卵黄には以下のような効果が認められます。

悪玉コレステロールの除去

レシチンは、脳卒中や心筋梗塞などの原因となる悪玉コレステロールを体内から除去します。

よく「卵はコレステロールが高い」と言われて、生活習慣病の敵として敬遠される傾向にありますが、実際は1日2個程度までなら問題はありません。

むしろ、卵黄に含まれるレシチンにはコレステロール値を下げる働きがあるので、高脂血症や動脈硬化などを改善・予防に有効です。

中性脂肪を減らす

レシチンは、コレステロールのほかにも中性脂肪、脂肪酸などと結合し、それらを減少させる役割があります。コレステロールや中性脂肪を減らすことで、生活習慣病の予防効果を期待することができます。

脳の働きを活性化

レシチンは、神経伝達物質『アセチルコリン』の材料です。

アセチルコリンは記憶や情報の伝達を行う重要な物質ですが、加齢と共に減ってしまいます。

そのため、レシチンを摂取することにより、記憶力の向上や、物忘れ・認知症の予防につながります。

皮膚の再生をサポート

皮膚は一定周期で生まれ変わっていますが、加齢とともにどうしてもシミやシワ、たるみや肌荒れなどの年齢肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

レシチンには、新陳代謝を活発にする作用があります。そのため、レシチンを摂取すると、細胞そのものがイキイキとします。

皮膚の再生が促されることによって、ダメージを負った皮膚を修復し、健やかで美しい肌を実現します。

タマゴサミンにもこのような効果が期待できそうですね。

⇒ タマゴサミンについて詳しくはこちら

タマゴサミンをおすすめする理由

タマゴサミンをおすすめする理由は大きく3つあります。

ヒアルロン酸を体内で作り出す

関節の痛みは軟骨がすり減ったことで骨と骨がぶつかるようになることが原因です。

クッションの役目を果たす軟骨はヒアルロン酸を補給することで補えますが、ヒアルロン酸は経口摂取では思うような効果が得られません。

ヒアルロン酸を経口摂取した場合、体内で吸収するために糖に分解されます。

世の中にはヒアルロン酸配合を謳っているサプリメントはたくさんありますが、ヒアルロン酸がそのまま入っているだけでは、ほぼ効果は得られないでしょう。

タマゴサミンはヒアルロン酸を直接摂取するサプリではなく、タマゴサミンに配合されているiHAによって、軟骨成分を増やすことができるのです。

この軟骨成分が、体内でヒアルロン酸を作り出すので、軟骨成分を増やすことが可能なのです。

吸収効率のよいグルコサミンを配合

ヒアルロン酸と同じく、関節痛に効果があるされるグルコサミン。

グルコサミンは、ヒアルロン酸の材料になる成分で、グルコサミンが不足するとヒアルロン酸の生成量が減少します。

タマゴサミンにはグルコサミンも配合されていますが、通常のグルコサミンではなく、N-アセチルグルコサミンを配合しています。

通常のグルコサミンをサプリメントなどで摂取した場合、そのままの形では分子が大きすぎるので、体内で吸収されにくいという欠点があります。

N-アセチルグルコサミンが分子が小さいので吸収されやすくなっています。

タマゴサミンのN-アセチルグルコサミンは吸収されやすい状態で配合されているため、効果を感じやすくなっています。

グルコサミンをN-アセチルグルコサミンに分解すると、分解の過程でおおよそ3分の1程度になってしまうと言われています。

1日あたりコストが約60円

公式サイトで定期コースに申し込むと

初回限定、2ヵ月分が3,694円(税込・送料無料)で購入出来ます。

1袋あたり1,847円、1日あたり約60円です。

1日60円で日常生活の痛みから解放される可能性があるということです。

定期コースでの申し込み限定の割引ですが、タマゴサミンの定期コースはいつでも解約可能ですので、初回だけで解約しても問題ありません。

タマゴサミンは薬ではありませんので、軟骨成分の生成にはそれなりの時間がかかります。

飲んで1週間や2週間で効果が出るものではありません。

タマゴサミンを飲んだという人の口コミなどを見ていても、2ヶ月~3ヶ月継続して飲んでいると効果が出てきた、というものも多いので、長い目で見て継続することをおすすめします。

タマゴサミンをおすすめする理由をまとめると

  • ヒアルロン酸を直接摂るのではなく、体内で生成する為にiHAを配合
  • ヒアルロン酸の材料になるグルコサミンを吸収しやすい状態で配合
  • 1日あたりのコストが約60円とお手頃価格。

現在節々の痛みに悩まされている人はもちろん、今までにヒアルロン酸配合のサプリメントやグルコサミン配合のサプリメントを飲んであまり効果を感じなかった人にもタマゴサミンはおすすめです。

⇒ タマゴサミンについて詳しくはこちら

タマゴサミンを最安値で安全に購入するにはアマゾン?楽天?

結論から言うと、タマゴサミンを最安値で、かつ安全に購入するには公式サイトがおすすめです。

タマゴサミンは公式サイト以外でも、アマゾン、楽天、ヤフーショッピングで購入することができます。

アマゾンのタマゴサミン価格

3,739円

楽天のタマゴサミン価格

4,290円

ヤフーショッピングのタマゴサミン価格

4,200円

公式サイトのタマゴサミン価格

公式サイトで購入すると、通常価格は4,104円+送料ですが、公式サイトだと定期コースで購入することができ、2ヵ月ごと2袋コースにすると、最もお得に購入することができます。

初回が1袋当たり1,847円(送料無料)

2回目以降も1袋あたり3,694円(送料無料)

公式サイトの定期コースで購入するのがタマゴサミンの最安値となります。

※定期コースにありがちな購入回数の条件はありませんので、初回(2袋)で解約することも可能です。


タマゴサミンを最安値で購入するには公式サイト

タマゴサミンの解約方法

タマゴサミンは公式サイトで購入すると、定期コースでの購入になりますが、定期コースを解約するのはカンタンです。

タマゴサミン定期便解約は1回からでもできる

よくサプリの定期便は3回継続が条件とかが多いんですが、タマゴサミンはいつでも解釈ができます。

これだと「やっぱり合ってないかな~」ってなったときでもすぐに止めることができますよね。

タマゴサミンの定期コースを解約するには、電話かネット上の会員サイトで手続きができます。

電話のほうが話が早くて楽ですね。

電話の場合は下記ファーマフーズタマゴ基地へ
TEL:0120-678-005
平日の9:00~17:00のみ受け付け
会員サイトから解約するにはこちら

 

但し、次回の注文が「出荷準備中」となってからでは出荷されてしまいますので、
休止する場合は早めに連絡しましょう。

タマゴサミンを最安値で購入するには公式サイト

関節痛の原因

ここでは、痛みが生じやすい関節や、関節が痛む原因をご紹介します。

体の中にはいろいろな関節がありますが、その中でも最も痛みが生じやすい関節は、ひざです。

ひざは全体重がかかる場所ですし、立ったり座ったりと動きも激しいため負担が大きい箇所です。

次に多いのが指の関節の痛み。

細かい作業をする人ほど指の関節をよく使いますから、痛むという場合が多いのです。

また、関節が痛みだす病気の場合はまず指の関節にこわばりや痛みが生じるという場合も多いようです。

関節痛が生じる原因は色々ですが、主に次のようなものがあります。

変形性関節症

私たちの関節には、関節同士が直接ぶつかりあわないように軟骨がクッションの役目を持っています。

この軟骨が年とともにすり減ると、関節同士がぶつかり合って痛みが生じるのです。

特にひざは変形関節症が発症しやすく、一度発症すると治療をしない限りよくなりません。

スポーツ時の関節障害

最近は、高齢者でもスポーツを楽しむ人が増えています。

また、中高年になってから趣味としてスポーツを始める人も多いでしょう。

しかし、若い頃と同じように準備運動やストレッチもなしに激しい運動をすると関節を痛めることが多くなります。

これでもひざの関節を痛める人が多いのですが、テニスなどでひじの関節を痛める場合もあります。

また、スポーツジムで筋力トレーニングをする際も注意が必要です。

スポーツをする前には入念なストレッチや準備運動を忘れずに行いましょう。

関節リウマチなどの病気

自己免疫疾患のひとつである関節リウマチは、30代~50代の女性に発症しやすい病気として知られます。

関節の痛みのほかにだるさや微熱などの症状があり、朝起きると指のこわばりがしばらく取れないケースも。

関節の痛みは歩きすぎや運動不足などでも起こるので、関節リウマチと気が付かない人も多いです。

特に何をしたわけでもないのに体中の関節が痛む、という場合はリウマチの可能性があります。

関節が痛むときの対処法

関節の痛みは放っておくと収まる場合もあります。

しかし、なかなか痛みが治らない、治ったと思ったら再び痛み出した、関節が痛むようなことをした覚えもないのに関節痛が治らない、という場合は、病院へ行って診察を受けることをおすすめします。

整形外科でレントゲンや問診、血液検査などをすれば関節痛の原因は判明するでしょう。

関節が痛む、と整体院や鍼灸師のところに行く人もいます。

しかし、整体師や鍼灸師は医師ではありませんから、正確な関節痛の原因をつかむことはできません。

変形性関節症やスポーツ由来の関節の痛みなら、整体や鍼灸で症状が和らぐこともありますが、リウマチなどの病気の場合は整体や鍼灸では治りません。

整体院や鍼灸院に通うのは、形成外科で関節痛の原因を突き止めてからにしましょう。

関節痛を予防するには

関節性リウマチなどの病気は防ぐことができませんが、変形性関節症やスポーツ時の関節障害は予防をすることが可能です。

スポーツをするときには入念にストレッチをする

気分は若い頃を変わらなくても、体は確実に年を取っています。

30代以上になったら、スポーツをする前と後には、しっかりとストレッチを行いましょう。

また、中高年になって初めてスポーツをはじめる場合は無理をしないことが大切です。

いきなり上級者や経験者に合わせると、関節を痛める原因になります。

時間をかけて体を慣らしましょう。

また、関節痛が起こったら、しばらく休むことも大切です。

体重をコントロールする

肥満は膝の関節を痛める大きな原因です。膝の関節は全体重を支えています。

重量が重ければ重いほど、膝関節の負担は大きくなります。

ひざの関節のためには太りすぎないことが大切です。

最近太ってきたな、という人は食べる量を調節したり軽いウォーキングをするなどして、体重をコントロールし、膝の負担を減らしましょう。

適度な運動

運動のし過ぎも関節痛に繋がりますが、運動不足も関節痛の原因になります。

特に、関節が痛みだしたときに「動くと痛いから」と痛みが出ている関節を動かさないと、筋肉が委縮して動いたときにさらに痛みが大きくなることもあります。

関節痛を予防するには適度な筋肉をつけて、関節を保護することが大切です。

また、関節は冷えると、周りの筋肉が収縮して血行が悪くなり、関節痛が悪化します。

サポーターをしたり、夏でも長袖を着るなど関節を冷やさないように注意しましょう。

仕事などでずっと座りっぱなしという人は、2時間に一回程度は軽いストレッチをして体をほぐしてあげるのも効果的です。

関節の痛みを引き起こす病気

関節痛には、運動や病気などいろいろな原因が考えられます。その中でも、関節痛をひき起こす病気はたくさんあります。

関節痛を起こしたときの主な症状

関節になんらかの異常が起こると、痛みがでるほか、腫れたり、固まって動かなくなったりといった症状が発生します。

痛み方にもいろいろあり、なにもしなくても痛むこともあれば、押すと痛む場合、動かすことで痛む場合とさまざまです。

さらに、痛む場所にも特徴があります。

一か所の関節が痛む場合と、複数の関節が痛む場合があります。

また、体の片側の関節が痛むケースや、左右対称に痛むケースもあります。

痛み方や痛む場所の違いは、病気を特定するポイントとなります。

関節痛を起こす主な病気と症状

関節に痛みが起こる病気には、さまざまなものがあります。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)

関節痛の原因で、いちばん多い病気です。骨と骨の間のクッションの役割をする軟骨が、老化によってすり減ったり変形したりすることで、炎症を起こし痛みが発生します。

ひじや手、ひざ、股関節、足に起こりますが、一番多いのが膝関節です。

長時間歩いた後や、運動後に痛みを感じることが多いです。

進行すると、立ったり座ったりする動作や、少し歩いただけで痛むようになります。

関節リウマチ

関節リウマチは膠原病のひとつです。

感染症による全身的な免疫異常が原因となり、一つの関節だけではなく、全身の関節が左右対称にこわばったり、痛みがでたり、腫れたりします。

関節痛のほかにも、微熱や全身の倦怠感、目や口の乾き、食欲不振、などが起こります。

四十肩・五十肩

加齢によって肩関節のバランスが崩れることで起こる、肩の関節や肩周辺の組織の炎症です。

腕を上げたり、回したりする動作によって痛みを感じます。

化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)

血液やケガなど傷口から、関節にブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌などの細菌が侵入し、化膿して炎症を起こす病気です。

関節が赤く腫れ、痛みが発生します。

痛みはどんどん強くなり、進行すると関節が破壊されます。治療が遅れると、関節の障害が残る可能性もあります。

痛風

血中の尿酸値が上がり、血液中に溶けきれなくなった尿酸が結晶となって関節に溜まり、炎症を起こす病気が痛風です。

アルコールや肉類、魚類に多く含まれるプリン体の過剰摂取や水分不足が原因となります。

特に、足の親指の付け根が赤く腫れ上がることが多く、関節に強い痛みを感じます。

偽痛風(ぎつうふう)

痛風は尿酸の結晶によって炎症が起きますが、偽痛風はピロリン酸カルシウムの結晶によって起こります。

主に、ひざ関節が腫れて痛みをともないます。

足関節滑液包炎(そくかんせつかつえきほうえん)

正座や足首の前の部分をこする動作によって、足首の関節の前方にある滑液包に炎症が起こり、腫れや痛みが発生します。

ペルテス病

大腿骨の骨頭に栄養を送る血液の流れが停滞し、大腿骨の骨頭が一時的に壊死に陥ってしまう疾患です。4歳から8歳くらいの男の子に事例が多いです。

骨肉腫(こつにくしゅ)

骨の悪性腫瘍が骨肉腫です。手や足の骨の関節に近い部位から発症することが多く、骨の関節が痛み、腫れが起こります。

関節痛など年齢とともに生じるつらさを和らげるには、タマゴサミンのようなサプリメントで関節痛を改善する成分を継続的に摂取したいですね。

タマゴサミンは他のコンドロイチンサプリで効果を感じなかった人も満足するサプリ。

サプリなんて効果ないと思っている人にも試してほしいのがタマゴサミンです。

タマゴサミンを最安値で購入するには公式サイト