「朝食抜きにすると、前日夜から翌日昼まで食べないことになるので、体が省エネモードになり、痩せにくくなる」と主張する医学関係者もいれば、朝食を抜くことで大幅に1日のカロリーをカットできるので痩せると主張する方もいます。

朝食抜きは結局のところ、痩せるのか太るのか?また、朝食抜きのメリット・デメリットをまとめました。

朝食抜きにすると痩せるという人の意見

摂取カロリーを抑えられる

忙しい朝に、無理やり朝食を食べるのではなく、朝食でカロリーを控えることで、無理なく摂取カロリーを抑えることができます。

ストレスが少ない

仕事をしていると、昼や夜を抜くというのは難しいのではないでしょうか。会社でのつきあいもありますしね。

それに心理的に朝食を抜くのがストレスが少ないという人が多いようです。

朝食抜きにすると太るという人の意見

朝食を抜くと昼に食べ過ぎてしまう

朝食を抜くと、昼までにお腹がすきやすく、その反動で昼食や夕食を食べ過ぎてしまいやすいということです。

お腹がすいてドカ食いをすると、トータルでもカロリーオーバーになりがちですね。

脂肪が蓄積されやすい

朝食を抜いた場合、急に食べ過ぎてしまうと、血糖値が急に上がって、インシュリンというホルモンがたくさん必要になります。

インシュリンが過剰に摂取されると、摂取した糖を脂肪として蓄積しやすくなってしまうのです。

朝食抜きのメリット

朝食を抜くと健康になるというお医者さんもいますが、どんな健康メリットがあるのでしょうか?

デトックス効果

朝食を抜くことでデトックス効果が期待できます。

人間の体は消化・吸収と排泄を同時に行うことができません。

胃の中に食べ物が入っている時は消化・吸収を行うため、排泄がおろそかになりがちです。

しかし、朝食を抜くことで空腹の時間ができます。

その時間は消化・吸収が不要になるので、排泄に力を傾けることができようになります。

朝食を摂取しないことにより、体内の老廃物の排出が活発になり、血液の循環が良くなったり、肌荒れが改善されるという効果も期待できます。

消化器官を休ませる

人間が食べたものを処理するには18時間程度かかると言われています。もし規則的に3食食べていると、消化器官は休みなく動いているということです。

常に胃腸へ負担がかかっている状態です。さらに食べ過ぎたりすると、消化活動が不十分になってしまうと考えられています。

朝食を抜くと体が動かない、頭がボーっとするという人もいますが、朝食を抜いただけで、エネルギー不足にはなりません。

朝食抜きのデメリット

逆に朝食を抜くことにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

朝食を抜くことで脳や体が目覚めにくくなる

脳の主な栄養はブドウ糖であり、不足すると集中力や記憶力が低下してしまいます。

寝ている間もブドウ糖は消費されているため、朝はブドウ糖が不足しがちです。

朝食を抜くと、脳に栄養が届かないので、頭がボーっとするという人がいるんですね。

ただ、脳の栄養はブドウ糖だけではなく、ケトン体も脳の栄養になります。

空腹で脳にブドウ糖が供給できないときは、「糖新生」という作用でケトン体を作り、脳に栄養を送ります。

人間の身体はよくできています。

脳にブドウ糖を与えるためにも、朝食は必要と考えられています。

お通じ改善

朝食をとることによって、胃腸へ刺激が与えられ、排便作用が活性化されます。

便秘予防のためにも、朝食は必要と考えられています。

低体温の改善

人の体温は、寝ている間に下がっています。熱を生み出すのは、食事と運動です。

低体温の人が増えていますが、体温が低いと血液の循環も悪くなり、脂肪も燃えにくくなってしまいます。

健康にもダイエットにも低体温は悪影響を与えます。

朝食を摂ることで、体温を上げることができるということです。

まとめ

朝食を摂ると痩せるのか、太るのか?結局どうなの?と思いますが、結論はどちらでもよいということになりそうです。

痩せるか太るかは、1日トータルのエネルギー収支で決まります。

朝食を抜いても、昼、夜でガッツリ食べていては痩せるはずはありません。

※最後にアメリカの大学で行われた研究の内容をご紹介します。

アラバマ大学バーミングハム校のエミリー・ダランダー率いる研究チームは、300人以上の肥満者を対象に、朝食を食べた人と朝食を抜いた人の間にダイエット効果の差があるのかないのかを、16週間にわたって調査しました。

結論から言うと朝食を食べた人と朝食を抜いた人の間に減量の差はまったくなかったそうです。

ただ、ダイエット効果とは別に、朝食を抜くと健康面に良い影響と悪い影響があることもわかっています。

悪い影響とは、心疾患が増加するという研究があることです。

朝食を抜いて、飢餓状態が続くと、血圧を上昇させ、血中インスリン濃度、トリグリセリド濃度、遊離脂肪酸濃度、LDLコレステロール値を増加させ、善玉コレステロールの血中濃度を低下するからです。

その結果、心疾患が増加するというデータがあるようです。

しかし、良い影響があるとする研究データもあるのです。

飢餓状態を長くすると、長寿遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」が活性化し、老化やがんの原因とされる活性酸素の抑制や、病原体のウイルスを撃退する免疫力をアップするという研究もあるのです。

サーチュイン遺伝子は全身の細胞の遺伝子を修復するなど、さまざまな老化防止機能があることが解明されています。

サーチュイン遺伝子は空腹状態を保つことで活性化されることもわかっています。

マウスを使った実験では、カロリー制限をしたマウスはカロリー制限をしなかったマウスに比べ、認知能力と記憶能力が高く、攻撃性が少なく、アルツハイマー病を発症しないか発症が遅れる傾向があるというデータもあります。

ダイエットに関しては、朝食を抜くか、食べるかは影響しないと結論づけています。

結局は摂取カロリーと消費カロリーの問題なので、朝食を食べる食べないに関係なしに、トータルのカロリー制限をしなければ痩せないのは当然です。

朝食を取るか取らないかについては、朝食を食べるメリット・デメリットを自身で体感しながら、自分で決めればいいのではないでしょうか。

サーチュイン遺伝子が活性化すると信じるなら、朝食は抜く。

朝から元気に仕事するために、朝食は食べる。

自分の考え、体質に合わせて決めればよさそうです。